WEB予約 お客様の声
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

筋肉食堂

2018.08.25


ZONOが行く…飲食店調査!

 

 

 

 

 

はい、六本木でオススメの鳥料理屋と言えば…

 

 

こと、オーナーのZONOです♪

 

 

 

 

 

肉食堂

「筋肉」ですよ!ふざけてるなぁ〜と思ったけども、この見事な直球で、非常に分かり易く尚印象的です。結構、話題になってましたからね。2015年の12月にオープンして、その1年以内に2店舗目を出店してます。成功したということでしょう。

 

 

 

 

 

康志向は今後益々高まる?

モノが満たされてきたこの社会。人は一層に健康を求めます。だって、食べることさえままならなければ、食べるものにあーだこーだ言っている場合じゃありませんからね。日本においては、何かしらの仕事に就けば、ある程度自由に何でも食べることができます。それに、飲食店は飽和状態ですよ!そこに仕掛けるのが「筋肉」がコンセプトのお店なんです!

 

 

 

 

 

 

ロテイン?!

いきなりすぎです。着席と同時にプロテインが出てきました。導入部として掴みがバッチリです。しかも、サービスですからね、少量とはいえ、返報性の原理です。何か貰えると嬉しくなって・・・財布の紐が緩むんです。違いますか?!

 

 

 

 

 

 

質カットビールで乾杯!

やはり、ドリンクから違いました。「生」より「ハイボール」をオススメなのはもちろんのこと、全体的に低カロリー押しです。とはいえ、最初は「生」だろうということで、ZONOは「糖質カットビール」を選びました。

 

 

 

 

 

 

ロテインドリンク?!

やはりプロテインですよ。プロテインのカクテルや、プロテインのソフトドリンクもメニューにありました。果たして、プロテインってそんなに摂って大丈夫なのかと笑っちゃいます。デザートというカテゴリーですが、スムージーも色々ありますよ。全てにプロテインが入っていますが・・・笑

 

 

 

 

 

 

記で伝わる!

親切なくらいにカロリーや糖質の表記がされています。そして、伝わるコンセプト。表記から低カロリー、低糖質、低脂肪そして高タンパクであるということが伝わってきます。安心感が高まりますね。

 

 

 

 

 

 

ルシ〜

基本的に糖質が1g以下です。鳥はやっぱ凄くて、もも200g・むね200gもあって0.2gです。であって、タンパク質も高い!鳥屋の店主は改めて唸ります。とはいえ今日は・・・

 

 

 

牛リブロース150g+牛赤身肉のレアハンバーグ150g

・・・2980円

 

 

 

?!

と、鳥屋の店主だけに、偶には牛も食わせて下さい!ということです。パフォーマンスとして、赤身のハンバーグはほぼレアで、それを焼き石に押し付けて食べます。こういう些細な仕掛けも見落としませんよ。提供時からの変化は大切なポイントです。

 

 

 

 

 

評!

しっかりしたコンセプトのお店でした。健康志向は、今後より一層強まるでしょうから、強いポジションを築いたということです。しいていえば・・・何気に高単価です。何か食べれば2000〜3000円は掛かります。健康って身近にあって欲しいと思います。偶にの外食で健康気遣っても意味がありません。普段使いできるお店じゃないなと感じたんです。まぁ、六本木ですからね。それと、健康志向の人ほど高所得というデータもあります。その辺りをターゲットにしているのでしょう。

 

ZONOによるインスタ映え投稿も要チェック     

 

 

 

 

 

バックナンバー

 

調査一覧

『楽観 NISHIAZABU GOLD』

『三河屋』

『シェイクシャック 六本木店』

『イマカツ 六本木店』

『NIRVANA New York』

『平太周 味庵』

『いきなりステーキ!六本木店』

『ザ・ステーキ』

『ゴーゴーカレー 六本木スタジアム』

『蕎麦 六本』

『LOUANGE TOKYO』

『豚組食堂』

『つけめん TETSU』

『五ノ神製麺所』

『キーストンクラブ東京』

『Veganic to go』

『ソラノイロ 東京駅店』

『平田牧場 東京ミッドタウン店』

『九代目けいすけ』

『鳴門鯛焼本舗』

『酢重ダイニング 六角 東京ミッドタウン店』

『ぶどう酒食堂さくら』

『金味徳 六本木店』

『deli fu cious』

『美食米門 六本木』

『博多ほたる 銀座店』

『イルリトローボ』

『自由が丘バーガー 羽田店』

『ナチュラルキッチン yoomi』

『♯ uni Seafood』

『焼肉 坂の途中 六本木店』

『地鶏家』

『すぱじろう』

『WAGYUMAFIA THE CUTLET SANDWICH』

『MENSHO SAN FRANCISCO』

『筋肉食堂』

 

 

 

 

 

それでは、皆様の愛のご来店!心よりお待ちしております♪

P.S.〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

スペースマジック株式会社
代表取締役(一生現場主義)
奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!「前代未聞の飲食店経営」を切り口に1店舗10看板(『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』『博多物語もつぞの』『球磨物語うまぞの』『薩摩物語しゃぶぞの』『利酒道場ZONO』『九州テーマパークZONO』)という偉業を成す!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!『Z-marketing』を立ち上げ、脱サラ開業者の支援活動も開始。常に全力で更なる高見を目指す!

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top