WEB予約 お客様の声
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

WAGYUMAFIA THE CUTLET SANDWICH

2018.06.24


ZONOが行く…飲食店調査!

 

 

 

 

 

はい、六本木でオススメの鳥料理屋と言えば…

 

 

こと、オーナーのZONOです♪

 

 

 

 

 

牛マフィア!

ホリエモンがやってくれました!というのも・・・見事なフロントエンドでした。覚えてますか?先週の一冊『グルメ多動力』にて、このお店が登場したんです。で、一気に引き込まれてしまいました。何となくは知ってました。でも、来店するまでには至らなかったんです。あの書籍にて、お店に対する欲求が膨れ上がってしまったんです!

 

 

 

 

 

沢過ぎでしょ?!

これ!サンドイッチの範疇を超えています。もうステーキですよ。完全なるレアステーキ!これをスタンディングで頬張ると思って下さい!どう思いますか?こんな世界観を誰が描こうと思ったでしょう。そう、彼こそがホリエモンです!やることが違います!因みにコレ、幾らだと思いますか?!

 

 

 

 

 

 

000円です!!!

「0」を一つ間違えた訳じゃないですよ。上記のサンドイッチは1つ「5千円」です。もう一度言います。5000円です!これを聞いて「ZONOは贅沢な奴だ!」と思ったのであれば、そんなあなたは愚かです。ZONOはケチったのです。ホリエモン恐るべし!メニュー表みますか?

 

 

 

 

 

 

っ?!

(目を擦ってメニューボードを確認する。)

 

 

 

 

 

 

0,000円です!!!

200円じゃないですよ。2000円でもないですよ。2万円です!これぞ、神戸牛のサンドイッチです。そんな贅沢出来なかったので、ZONOは抑えて5千円のザブトンにした訳です。倹約家でしょ?尊敬すべきホリエモンとはいえ、2万円の出費は出来ませんでした。サンドイッチですから・・・恐るべしでしょ?!

 

 

 

 

 

 

ントランス!

驚くのは、中目黒アトラスタワーに入っているからと、ビル前のテナント一覧を確認するも、そこに店名が載っていないということ。敢えてでしょうね!普通なら載せますよね。その辺りがカッコいい!非常に渋いエントランスです。店頭に看板は一切ありません。値段もドル表記だから、ちょっと引いちゃいます。「軽い気持ちで来るな!」ということでしょうか?

 

 

 

 

 

 

ラフトビールが並ぶ。

お酒も出してます。夜はスタンディングで盛り上がるみたいです。昼間っから酒は飲めないので、サンドイッチに集中することにします。とはいえ、気になるのは、オーパスワンのボトルではないでしょうか?売り物のようです。グラス一杯9000円でした。2万円のサンドイッチに9千円のグラスワイン、いつか試してみたいなぁ〜と笑。

 

 

 

 

 

 

決まりのポーズにて・・・

スタッフさんはサービス精神旺盛です。お決まりのポーズを見事に決めて下さいました。こういうのいいですよね!「いい肉出しときゃいいだろ!」との感じは一切なく、いい肉を最高のホスピタリティーを以って提供する、天狗じゃないスタンスに感激です。最初はちょっと怖かった(看板もないし高いし)けど、徐々に緊張もほぐれて楽しい時間を過ごせました。

 

 

 

 

 

評!

感動したのは、後日です。お店のインスタに投稿していいかと聞かれたので、了承すると・・・後日にお礼のメッセージが届きました。こういう丁寧な対応は当たり前のようだけど、どこも出来ていない取り組みです。名刺交換しても、挨拶のメールって来ませんよね?(※因みにZONOは欠かさず送ってます。)話題性でヒットと狙うお店って、当たり前のことが出来てない場合が非常に多いんですよね。インスタ映えを狙って一発儲けようだなんて、一発屋で終わりです。大切なのは、お礼のメッセージを送るなどの基本でしょう。料理とサービス共に勉強になりました。

 

ZONOによるインスタ映え投稿も要チェック     

 

 

 

 

 

バックナンバー

 

調査一覧

『楽観 NISHIAZABU GOLD』

『三河屋』

『シェイクシャック 六本木店』

『イマカツ 六本木店』

『NIRVANA New York』

『平太周 味庵』

『いきなりステーキ!六本木店』

『ザ・ステーキ』

『ゴーゴーカレー 六本木スタジアム』

『蕎麦 六本』

『LOUANGE TOKYO』

『豚組食堂』

『つけめん TETSU』

『五ノ神製麺所』

『キーストンクラブ東京』

『Veganic to go』

『ソラノイロ 東京駅店』

『平田牧場 東京ミッドタウン店』

『九代目けいすけ』

『鳴門鯛焼本舗』

『酢重ダイニング 六角 東京ミッドタウン店』

『ぶどう酒食堂さくら』

『金味徳 六本木店』

『deli fu cious』

『美食米門 六本木』

『博多ほたる 銀座店』

『イルリトローボ』

『自由が丘バーガー 羽田店』

『ナチュラルキッチン yoomi』

『♯ uni Seafood』

『焼肉 坂の途中 六本木店』

『地鶏家』

『すぱじろう』

『WAGYUMAFIA THE CUTLET SANDWICH』

 

 

 

 

 

それでは、皆様の愛のご来店!心よりお待ちしております♪

P.S.〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

スペースマジック株式会社
代表取締役(一生現場主義)
奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!「前代未聞の飲食店経営」を切り口に1店舗10看板(『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』『博多物語もつぞの』『球磨物語うまぞの』『薩摩物語しゃぶぞの』『利酒道場ZONO』『九州テーマパークZONO』)という偉業を成す!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!『Z-marketing』を立ち上げ、脱サラ開業者の支援活動も開始。常に全力で更なる高見を目指す!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top