WEB予約 お客様の声
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

すぱじろう

2018.06.17


ZONOが行く…『飲食店調査』が始まる!

 

 

 

 

 

はい、六本木でオススメの鳥料理屋と言えば…

 

 

こと、オーナーのZONOです♪

 

 

 

 

 

ぱげてぃ!

ZONOがすぱげてぃ?と思ったでしょう。いやいや、炎上鳥麺ZONOのお客様が、こちらのお店にもよく行くっておっしゃるから、調査してきました!すぱげてぃもラーメンも麺類です!どーん

 

 

 

 

 

 

あげって!?

ご存知の方も多いでしょう。都内で20店舗以上運営しているチェーン店です。とはいえ、こちらのお店のコンセプトご存知でしたか?それこそ「釜あげ」というショルダーネームに集約されています。「スパゲッティが身近な存在になった今日、本当においしいスパゲッティを作る研究を重ねた結果、麺のゆで方が、どれだけスパゲッティの味を左右するかということに気付いたのです。」その結果に導かれたのが釜あげなんですね!

 

 

 

 

 

 

えない!!!

とはいえ、厨房に釜が見えないのが残念・・・いや、覗き込んだらありましたよ、でも覗き込んで撮影する訳にはいきませんよね?そんなことされたらZONOも不機嫌になるので、大人しくしていました。しかし、コンセプトが麺茹でならば、釜を見せつける店造りは大切だと思う訳です。

 

 

 

 

 

 

ッティング!

居酒屋の如く、すでにセッティングされています。お盆まであって、気合十分です。この効果分かりますか?楽だからと答えたならば安易です。テーブルが汚れないもまだ安易です。このセッティングの訳・・・お客様の教育です。このテーブルは何名席か伝えているんです。カウンターにもびっしりとお盆が並べられており、空いた席に荷物を置けない雰囲気を醸し出しています。六本木3丁目という土地柄、こういう対策は尚更必要でしょう。

 

 

 

 

 

 

ープ?!

程なくして、お茶と和ダシのスープが出てきました。忘れてた!すぱじろうならではの気遣いです。たかがスープですが、されどスープです。どこもやってないから、ありがたく思えるんです。チェーン店だけれども、美味しさを求めて、出来るだけ短略化せずに調理しているようで、提供速度が遅い訳、そこでとやかく言われないためのカモフラージュ策とも見えます。

 

 

 

 

 

 

の幸贅沢スパゲティー!

インスタ映えを狙って、ワタリガニが丸ごと入ったスパゲティを注文するも・・・品切れでした。まだ12時ちょっと過ぎ・・・これは発注ミスでしょうか?と、愚痴っても仕方ないので、次にインスタ映えしそうな、ウニやいくらの入った、たらこスパゲティーを注文です。ネーミングがいいですね。「海の幸」ですよ。で、お味の感想ですけど、スパゲティってなかなか差別化が難しいですよね。美味しいんですけど、そこを越えない。値段も値段なので、文句なしでリピートするでしょうが、隣に低価格な競合がやってくると顧客を奪われる可能性は高いと思います。とはいえ、その辺りを察知して、大盛りサービス(S・M・Lが同じ値段)やってます。圧倒的な品揃え、メニューは50種類あり、これも強みなんでしょうか。

 

 

 

最後に・・・

 

 

 

 

 

 

リンは安易では!?

一時期流行ったプリンをこちらでも提供しています。ただ・・・こちらはスパゲティの専門店、親子丼専門店ならまだしも、こちらは安易だと思いました。スパゲティの麺から何かスイーツが開発できれば、この情報過多社会に生き抜く武器となりそうですね。

 

 

 

 

 

評!

因みに「スパゲティ」と「パスタ」の違いは?「スパゲティ」って「パスタ」の一部です。「パスタ」だと、麺だけじゃなくて「ペンネ」も含まれます。「スパゲティ」と言えば、麺類限定ということです。すぱじろうにおいては、その「スパゲティ」を「すぱげてぃ」と表記しています。これは、和風化です。より日本人向けにアレンジした「スパゲティ」こそ「すぱげてぃ」ということでしょう!

 

ZONOによるインスタ映え投稿も要チェック     

 

 

 

 

 

バックナンバー

 

調査一覧

『楽観 NISHIAZABU GOLD』

『三河屋』

『シェイクシャック 六本木店』

『イマカツ 六本木店』

『NIRVANA New York』

『平太周 味庵』

『いきなりステーキ!六本木店』

『ザ・ステーキ』

『ゴーゴーカレー 六本木スタジアム』

『蕎麦 六本』

『LOUANGE TOKYO』

『豚組食堂』

『つけめん TETSU』

『五ノ神製麺所』

『キーストンクラブ東京』

『Veganic to go』

『ソラノイロ 東京駅店』

『平田牧場 東京ミッドタウン店』

『九代目けいすけ』

『鳴門鯛焼本舗』

『酢重ダイニング 六角 東京ミッドタウン店』

『ぶどう酒食堂さくら』

『金味徳 六本木店』

『deli fu cious』

『美食米門 六本木』

『博多ほたる 銀座店』

『イルリトローボ』

『自由が丘バーガー 羽田店』

『ナチュラルキッチン yoomi』

『♯ uni Seafood』

『焼肉 坂の途中 六本木店』

『地鶏家』

『すぱじろう』

 

 

 

 

 

それでは、皆様の愛のご来店!心よりお待ちしております♪

P.S.〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

スペースマジック株式会社
代表取締役(一生現場主義)
奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!「前代未聞の飲食店経営」を切り口に1店舗10看板(『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』『博多物語もつぞの』『球磨物語うまぞの』『薩摩物語しゃぶぞの』『利酒道場ZONO』『九州テーマパークZONO』)という偉業を成す!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!『Z-marketing』を立ち上げ、脱サラ開業者の支援活動も開始。常に全力で更なる高見を目指す!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top