WEB予約 お客様の声
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

ナチュラルキッチン yoomi

2018.05.19


ZONOが行く…『飲食店調査』が始まる!

 

 

 

 

 

はい、六本木でオススメの鳥料理屋と言えば…

 

 

こと、オーナーのZONOです♪

 

 

 

 

 

ビー用品メーカー?!

「ママの気持ちに寄り添った、子連れでも美味しい料理が食べられるお店です」と。ベビー用品メーカーが手掛けるカフェ&ダイニングな訳です。もちろん子供可です。だからZONOは行くんです!!!ご存知な方も多いでしょう。ZONOには1歳半の息子がいます。毎週欠かさず飲食店調査に出掛けていますが、子供と一緒だと行けるお店も限られてくるんですよ。

 

 

 

 

 

ナチュラルキッチン yoomi

 

 

 

いうことで・・・

このお店は強いです。お店のコンセプトが強く届きます。ZONOの場合は「飲食店調査」ですが、一般的にはお食事ですね。外食したいけど、子供と行けるお店が、特に幼児期のお子様がいらっしゃるお父さんお母さんは店探しに苦戦していると思うんです。美味しいものが食べたいけど、拘りのお店に子供を連れてはいけない・・・だからって毎回ファミレスは嫌・・・

 

 

 

 

 

 

チュラルキッチンのナチュラルとは・・・

自然派ということです。完全手作りに拘る健康志向のお店です。これは非常に説得力がありますね。ベビー用品メーカーとして、子供の安全と健康を最優先させる理念の上に、創造するお店はやはり健康という訳です。伝わります。

 

 

 

 

 

 

内は女子力の高い作りです!

オシャレってことです。当たり前ですが、ターゲットは男性より女性です。しかも子持ちのママが狙いでしょう。ママ友のランチ会や飲み会を想定したメニュー構成でした。

 

 

 

 

 

 

もちゃ箱がある!

「子供可」と「子供歓迎」は意味が全く違います。「子供可」なだけで「子供歓迎」してくれていないお店って結構あります。同業ですからね、この気持ちは分かります。やはり飲み屋は大人のお店です。子供を歓迎する訳にはいきません。だから子連れの親はそのお店を避ける・・・そこを取りにきた訳です!!!

 

 

 

 

 

 

ビー用品も売られています!

これは、販売が目当てじゃないと思うんです。ブランディング戦略ですね。これにて、より説得力を高めようとの狙いです。非常に賢いです。どんなに優位性ある強みでも、伝わらなきゃ意味がないですからね!

 

 

 

お子様プレート 800円

 

 

 

レートならば遊び心が・・・

平均点です。ベビーメーカー手掛けるお店のプレートですからね、ここは平均点を超えて欲しいなぁ〜と思っちゃいます。可も無く不可も無く・・・このクオリティーならば、「子供歓迎」というより「子供可」レベルだなと辛口評価です。でも、ここはなめちゃいけません。子供を圧倒的に感動させると、「ママ〜あそこのお店行きたい!!!」と、子供が家庭内で営業マンになってくれるんですね。

 

 

 

タイプのランチコース!

この日はランチタイムでお邪魔です。ランチはクイックランチとランチコースの二種類です。クイックは、サラダ、メイン、パンと通常のランチの構成です。対してコースは前菜とスープが加わります。ドリンクが付かないのが少し残念・・・最近はこの価格でドリンクがつくお店が増えています。業界のスタンダードから外れる場合は期待値がグンと上がっちゃいます。もちろん、その期待値に応えられるのであれば、スタンダードは無視すべきです。要は覚悟があるかです。

 

 

 

前菜

サラダ自体に前菜が加わっています。ディッシュとしては増えません。オペレーション的には賢い判断です。ただ、ランチコースを注文されたお客の優越感を高めるには、皿を増やすことは簡単な戦術です。

 

 

 

メイン:骨付きチキンレッグ ほろほろコンフィ

鳥屋の店主は迷わず鳥を注文します。じっくりコトコトとオリーブオイルで煮込まれた骨つきモモ肉です。鳥提供における印象戦術の基本、骨付き提供は合格です!味わいは非常に優しく、バルサミコ系のソースとの相性も良好です。

 

 

 

メイン:ハッシュドビーフのyoomi特製オムライス
こちらは妻の注文です。卵のトロトロ感、いわんや王道のトロトロオムライスです。ルーはサラサラと優しい味わいです。

 

 

 

 

 

後に・・・

屋上テラス席でのBBQは気になります。立地の優位性です。しかし、これが裏目に出るのが、ベビーカ対応です。こちらのお店は3Fです。そしてエレベータがないんです。もちろん、ベビーカー対応としてインターフォンを設置していますが、やはり気軽に押しにくとは思います。

 

 

 

評!

ナチュラルキッチンとは?自家製ということは分かったのですが、個人経営のお店ならば基本的に自家製です。だから敢えての自家製感が大切です。自家製を越えるって手法です。例えば、敢えて目の前で卵焼きを焼く、同じ卵焼きでもこれにて自家製感はUPします。ホテルの朝食ビュッフェの手法です。そして、ベビー用品メーカーという強みが、そこまで生かしきれていないと率直に感じました。オシャレで素敵な空間だったんですが、それならば他の店と優位性は築けません。ナチュラルキッチン、そしてベビー用品メーカーをより強化して行けば非常に面白いお店になるなと思います。

 

ZONOによるインスタ映え投稿も要チェック     

 

 

 

 

 

 

それでは、皆様の愛のご来店!心よりお待ちしております♪

P.S.〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

スペースマジック株式会社
代表取締役(一生現場主義)
奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!「前代未聞の飲食店経営」を切り口に1店舗10看板(『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』『博多物語もつぞの』『球磨物語うまぞの』『薩摩物語しゃぶぞの』『利酒道場ZONO』『九州テーマパークZONO』)という偉業を成す!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!『Z-marketing』を立ち上げ、脱サラ開業者の支援活動も開始。常に全力で更なる高見を目指す!

 

 

Z-marketingの詳細はこちら・・・

 

 

※メールマガジンも配信しております♪

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Top