炎上鳥菜 お客様の声
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

ぶどう酒食堂さくら

2018.03.31


ZONOが行く…『飲食店調査』が始まる!

 

 

 

 

 

店主ZONOのメールマガジンはこちらより!

 

 

※お店のお得な情報も合わせて配信中♪

 

 

 

 

 

業者には恐るべき企画が始まりました!

その名も…「ZONOが行く飲食店調査」です!とりぞのオーナーのZONOがライバルを視察すべく動き出しました。もちろん、お客様にはお店の情報取集としてこの場をご利用頂ければと思います!

 

 

 

 

 

ぶどう酒食堂さくら

 

 

 

イバーシティーなコンセプトが素晴らしい!

一箇所にあらゆるジャンルが存在し、そのどれもが融合するという素晴らしい店作りです。今回お邪魔したのは、「ぶどう酒食堂さくら」ですが、同じ空間に「ワインショップ」「パン屋」「ケーキ屋」が入っています。そしてもちろん、「ぶどう酒食堂さくら」で飲食できるんです。ワインボトルに関してはショップで購入したものが+1000円で楽しめちゃうという、ワイン好きには非常にお得な価格設定です!

 

 

 

パン屋

 

 

 

ケーキ屋

 

 

 

ワインショップ

 

 

 

チーズも

 

 

 

ル・プティ・マルシェ

 

 

 

階は別のお店!

面白いですね、二階は別の店でした。もちろん経営母体は一緒ですね。パンもケーキもワインも株式会社トゥエンティーワンコミュニティという会社の運営です。自ら自社ビルでダイバーシティーを構築したんですね!それでは、飲食店調査始めましょう!!

 

 

 

 

 

 

グジュアリーなお席!

予約していたからか、ちょっくらVIP感溢れる半個室のお席でした。ずらりと並ぶワインボトル、本棚にはワインの本が置いてありました。店内の作りも面白いんです。入り組んでて迷路みたいなんです。こういうごちゃごちゃ感って良くも機能しますね。特にダイバシティー性を打ち出してますから、ごちゃごちゃしていた方がワクワクします。「ここはワインショップで、ここは客席で、ここはパン屋なんだね」みたいな境界線の無さが店作りにいい味出しているんです!

 

 

 

 

 

ーニャカウダー!

あれば頼んじゃう不思議な一品です。一時期ヒットして、どこのお店もやっていたけど、今となっちゃ定番の座に着きました。ただね、繁盛店は必ずと言っていいほどバーニャカウダーってメニューに載ってます。今でも廃れることない繁盛店のポイントなのかもしれません。野菜の鮮度でお店の評価が下せるので、調査には欠かせないメニューでもあります。

 

 

 

 

 

 

スカルとのマリアージュ!

やっぱ頼んじゃいますよね・・・サイゼリヤでも頼んじゃいます。白ワインにはこれでしょ?!というのもZONOはブルゴーニュワインが好きですからね、ブルゴーニュの郷土料理であるエスカルゴが嫌いな訳ないんです。

 

 

 

 

 

 

クアパッツア!

もインパクトがありました。魚一匹丸ごとです。しかも選べます。ZONOはアイナメにしました。愛らしいお顔が好きなんです!じゃなくて、アクアパッツアにコメントしないとですね。非常に薄味です。素材の味をそのまま楽しむような感じ?シーフードミックスの海老が少し残念・・・仕方ないことですけど、シーフードミックスの使い方って要注意ですね。鳥屋のZONOには無意味ですが!

 

 

 

 

 

 

も熟成してます!?

というのも、2階の『ル・プティ・マルシェ』さんの食べログのヘッドラインが「こだわりのワイン、パン、魚、野菜、そして「熟成肉」をカジュアルに。」なんですよ。だとすれば、このお肉は・・・多分ですけど、熟成肉じゃないと思われます。だってメニューに書いていないから。熟成肉使えばそう記載しますよね?ここってポイントなんです。言ってないのにそう思われる、非常に賢い罠です!

 

 

 

 

 

 

ザが恋しくなります。

カジュアルレストランっていいですよね、ピザだってパスタだってありますから。フランスとか行くと、レストランにピザがないから焦ります。日本のフレンチやイタリアンってヨーロッパを一括りにしちゃう傾向があります。もちろん、カジュアルな世界ですけど、庶民にとっちゃカジュアルが普通ですからね、ブルゴーニュワインを飲みながら、ピザって不思議なことなんです。

 

 

 

さて最後は・・・

 

 

 

 

 

 

 

ルチェで〆る!

なんで注文したか分かりますか?普段はデザートを頼まないZONOですけど、今回は頼んだんです!答えば「ダイバーシティー」です!ケーキ屋があったんですよ、こりゃ本物のスイーツだなと思ったんです!!!言うなれば、イタリアンってドルチェ担当がいますよね。日本ってデザートを蔑ろにする国民性が見受けられやしませんか?!寿司カウンターの横に和菓子担当のポジションないでしょ?!

 

 

 

評!

ダイバーシティーによって、まるでテーマパークかのようなひと時を過ごせます。食べログ評点の高い訳はそこにあるのかもしれません。ロケーションもまたいいですよね、大通りから一歩入った裏路地に佇んでいるんです。扉を開けばワインボトルに圧倒されます。ワインショップかと思いきやお食事している人もいる、ここは何だ?と気になってやれません。やっとお邪魔できました。こう言ったダイバーシティーな感じ、ZONOが目指したい店なんです。とりぞの 店内の「屋台席」や「鳥バル」もダイバシティーを考慮した結果なんです!因みに・・・ダイバシティーって多様性です!どーん

 

ZONOによるインスタ映え投稿も要チェック     

 

 

 

 

 

 

それでは、皆様の愛のご来店!心よりお待ちしております♪

P.S.〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

スペースマジック株式会社
代表取締役(一生現場主義)
奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!「前代未聞の飲食店経営」を切り口に1店舗10看板(『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』『博多物語もつぞの』『球磨物語うまぞの』『薩摩物語しゃぶぞの』『利酒道場ZONO』『九州テーマパークZONO』)という偉業を成す!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!『Z-marketing』を立ち上げ、脱サラ開業者の支援活動も開始。常に全力で更なる高見を目指す!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top