炎上鳥菜 お客様の声
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

ソラノイロ 東京駅店

2018.02.24


次は貴方のお店だ!「ZONOが行く飲食店調査」始まり始まり〜

 

 

 

 

 

はい、六本木一押しの飲食店と言えば…

 

 

 

 

こと、オーナーのZONOです♪

 

 

 

 

 

同業者には恐るべき企画が始まりました!その名も…「ZONOが行く飲食店調査」です!とりぞのオーナーのZONOがライバルを視察すべく動き出しました。もちろん、お客様にはお店の情報取集としてこの場をご利用頂ければと思います!

 

 

ソラノイロ 東京駅店

 

 

「ヴィーガン対応の”ベジソバ” を食べて来ました!」こういうと、先週の 『Veganic to go』に続いて「ZONOはヴィーガンなの?」と突っ込まれそうですが・・・ZONOは肉食男子です!あっ、女とかじゃなくて、野菜より肉が好きということです。でもその肉というのは牛や豚じゃなくて鳥です!どーん

 

 

 

 

ベジソバをウリにしているだけあって、いわゆるラーメン店とは世界観が違います。お洒落な感じ伝わりますか?店内もまるでカフェのように、木を基調に作り上げたお洒落な落ち着いた空間です。

 

 

 

 

 

それでは、食券を買いましょう!多少の行列に並び、いよいよこの瞬間です。ベジソバ目当てでしたが、鳥屋の店主を射止める熊本の地鶏こと天草大王で出汁をとった中華蕎麦が気になるので、こちらも注文!

 

 

 

 

クロスセルも上手、トッピングやサイドメニューが100円〜で充実しているのでついつい購入です。(因みに、「ご一緒にポテトは如何ですか?」がクロスセルで「Lサイズにしますか?」がアップセル)

 

 

食べる野菜 150円

 

 

ちょっと寂しいけど、150円ですからね。ただ売り方が上手、「ラーメンの前に野菜を取ることで吸収が・・・」と健康を気遣って綴ってありました。ビーガンならば食い付く切り出し方です。ネーミングもいいですね。「サラダ」と言わず「食べる野菜」です。同じことなんですけど、インパクトが全然違う。サイドメニューなどでサラダやっている方は要注意、「サラダ」って記載しているのであれば考えどころですね・・・

 

 

ビーガンベジソバ 1100

 

 

なんともカラフルな見た目です。ベジタブルは彩が命ですもんね。そしてスープから・・・や、優しい・・・これはラーメンと言っていいのか、完全にパスタ寄りです。化学調味料不使用、塩みも弱く、完全に健康を気遣った味わいです。ちょっと物足りなさを求めるも、ビーガンラーメンですもんね。あれこれ一般常識で言うのはやめときます。パプリカで着色された平麺は、グルテンフリーのものも選べるようですが、そこまで健康を気遣ってはいないので通常盤をお願いしました。あっ、野菜は時期によって異なるみたいです。そして最後に・・・

 

 

 

またまたお店の戦略に引っ掛かる!ベジソバリゾットですって!現金で追加注文しちゃいました。これ、追加注文率50%以上ありそうですけど、どうなんでしょうか?!

 

 

 

 

うん、まさにリゾット感出てます。一般的なラーメンでこんなことしちゃうと食後に罪悪感が生まれちゃいますけどね。これはベジソバ!スープ一滴残らず完食です。ラーメンでヘルシーになれるとは!オーナーさんは一風堂出身のようです。一風堂で働きながら、こういったお客様の罪悪感をキャッチし続けて来たのでしょう。だからスープを飲み干しても罪悪感が生まれないラーメンを創造したのではないかとZONOは読みました。←読みすぎ・・・

 

 

特製中華そば 1100円

 

 

天草大王の蕎麦が到着!よ〜く天草大王の出汁が出てます。深みがありますね。魚介出汁も効いており、都内向けの醤油ラーメンです。ただ、ベジソバと同じく化学調味料不使用なんですよ!深いコクはあるも味は薄い、ちょっと面白い世界観でした。健康ブームに伴ってラーメン界に革命が起きるのか?!それとも、ラーメンは不健康の代名詞?やはり一般的なラーメンが勝つのか?その行方が気になりますね。

 

 

食後はコレ・・・

 

 

飲む野菜 150円

 

 

「食べる野菜」が「サラダ」でしたが、「飲む野菜」が「グリーンスムージー」なんですよ!大したこと言ってませんか?でもその大したことをどこもやっていない、だから尊敬します。だって、現にZONOはまんまと策略にハマって次々と追加注文しちゃっているんです。これは同業に向けたメッセージです。「アップセル、ダウンセルの仕組み取り入れてますか?」

 

「言わなきゃ伝わらない!」 コレもZONOの好きな考え方です。ソラノイロのラーメンの拘りが淡々と綴られています。拘っててもそれが伝わらないと何も意味がないですもんね。だって、現にソライロのラーメンは微妙でした。あっ、悪口じゃなくて斬新だったからです。化学調味料がラーメンの生命線でしょ?それを不使用なのですから!だから拘りが大切なんです!これで許せる、いや感動ポイントに切り替わるんです。変な拘りを頑固に貫くと危険です!

 

 

 

 

最後に代表の思い・・・

 

 

 

応援したくなります!「ZONOも負けてられないな!」と店を後にした。

 

ZONOによるインスタ映え投稿も要チェック     

 

 

 

 

 

 

それでは、皆様の愛のご来店!心よりお待ちしております♪

P.S.〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

スペースマジック株式会社

代表取締役(一生現場主義)

奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!「前代未聞の飲食店経営」を切り口に1店舗10看板(『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』『博多物語もつぞの』『球磨物語うまぞの』『薩摩物語しゃぶぞの』『利酒道場ZONO』『九州テーマパークZONO』)という偉業を成す!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!『Z-marketing』を立ち上げ、脱サラ開業者の支援活動も開始。常に全力で更なる高見を目指す!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top