炎上鳥菜 お客様の声
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

五ノ神製麺所

2018.02.03


次は貴方のお店だ!「ZONOが行く飲食店調査」始まり始まり〜

 

 

 

 

 

はい、六本木一押しの飲食店と言えば…

 

 

 

 

こと、オーナーのZONOです♪

 

 

 

 

 

同業者には恐るべき企画が始まりました!その名も…「ZONOが行く飲食店調査」です!とりぞのオーナーのZONOがライバルを視察すべく動き出しました。もちろん、お客様にはお店の情報取集としてこの場をご利用頂ければと思います!

 

 

五ノ神製麺所

 

 

ZONOのラーメン魂に火がついた?!(※ラーメン魂と言いましたが、今回はつけ麺魂です!)『九州鳥酒とりぞの』の店主として飲食店調査をしてますが、 ZONOは『炎上鳥麺ZONO』の店主も兼務しておりますからね、当然と言っちゃ当然です。『炎上鳥麺ZONO』開発時には名店巡りをして、ある程度のお店を制覇しました。ただ、ZONO麺が完成してからは惰性な感じ・・・もっと探せばまだまだ出てくる名店の数々。その少しでも我が身で体感しなければ最高のラーメン屋は創造できません。甘えてました!ということで・・・並んできました!!!

 

 

 

 

敢えてピークタイムにトライです。どMでしょ?最後尾からはお店が映りません。提供するつけ麺がまるでパスタ風ということで、女性に人気のお店、行列にもレディーが目立ちます。男性もちょっとお洒落な雰囲気を醸しています。にしても、完全な裏路地です。住宅街にポツンと佇むそのお店に、こんな長蛇の列とはただただ感心です。

 

 

 

 

券売機が残念です。これってメニューブックみたいなものでしょ?ZONOから言わせれば導入部です。ここでコンセプトを伝えて欲しいなと。まぁ、所詮はラーメンだし、繁盛店ですからね、あれこれ言ってはいけませんが、最終的な満足度を高めるには、こういうポイントは必要かなと思うんです。特に今回の場合は、食えればなんぼの二郎スタイルじゃないですから尚更でしょ?

 

 

 

 

エントランスもラーメン屋そのもの。敢えて綺麗にしていないのかもしれませんが、これも繁盛店だから何も言えません。繁盛店巡りをしていると、時たまなぜ人が並ぶのか分かりかねるお店があります。でもね、そこには必ず理由があるんです。理由なくして人は並びません。では、理由探りに入りましょう!

 

 

 

 

店内はこんな感じ、簡易的に作られた印象。でも、白を基調としており、お洒落な雰囲気が伝わります。ここポイントですね、飲食ビジネスは初期投資にあまりお金を掛けるべきではありません。箱の限られたビジネスだけに収益モデルが少額、しかも不安定ですからね。如何にお金を抑えてコンセプトを表現するか、ZONOも大切にしているポイントです。

 

スタッフのユニフォームも大切な要素ですね。内装にはお金が掛かりますが、ユニフォームにはそこまで掛かりません。高級感を出したければ割烹着着ればいいし、大衆感を伝えたければTシャツです。こちらはユニフォームに統一感がありませんでした。私服?緩いイメージ・・・縛りのない創造無限大なラーメンを提供してくれるのでしょうか?

 

 

エビ肉と玉子入りつけ麺 1,100円

 

 

まずは麺から・・・つけ麺のルールですね。すぐにつけ汁につけ込まないんですよ。麺から伝わるメッセージをキャッチします。全粒粉で作られた麺です。因みにラーメンの麺は小麦主流です。時たま黒いボチボチが麺に見られますよね?あれが全粒粉です。つけ麺なんかは全粒粉を使ってますね。全粒粉は小麦の香りが立ちます。だからですよ!つけ麺はまず麺から風味を楽しむんです!

 

ツルシコな麺、もっちり感は弱く、パスタ寄りの印象は麺からも伝わります。つけ汁は濃厚です。煮詰め感による濃厚さが際立ち、海老の風味も強く出ています。何にせよ濃度が高いので、麺と良く絡みます。つけ汁のおかわりは一回無料のようです。注文したら嫌な顔されましたが・・・割りスープは柑橘が効いており、濃厚なスープに爽快感を加え最後まで楽しめました。

 

 

ebi 肉と玉子入りトマトつけ麺 1,180円

 

 

どちらかと言えばこちらが人気の理由のようです。女性に人気なトマト入りのつけ麺です。パスタ風の麺が、この海老とトマトのつけ汁に好相性なのは言わんまでもありませんね。麺にはバジルソース、そして写真には入っていませんが、バケットが添えられています。つけ麺には面白い初のトッピングでした。つけ汁は魚介ベースですが、肉とトマトが溶け込んでおり、デミグラスソースのような印象を受けました。海老は、海老つけ麺ほど強くないですが、全体を通して出汁が生きています。中に入っているプチトマトを割ると酸味が増してまた面白い。女性に人気な訳、やはりトマトは強いですね!

 

行列の理由・・・やはり出しているモノが他と明らかに違いしました。女性を魅了するトマトと海老のスープが勝因ですかね。でもこちら、メディアに取り上げられたようですね。この辺りも悔しいですけど、勝因要素としてデカイかなと。因みに近所の変哲もないラーメン屋が行列だったんで、入ってみると乃木坂46の行きつけのお店でした。ほら、メディア要素は少なからずあるぞ!

 

ZONOによるインスタ映え投稿も要チェック     

 

 

 

 

 

 

それでは、皆様の愛のご来店!心よりお待ちしております♪

P.S.〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

スペースマジック株式会社

代表取締役(一生現場主義)

奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!「前代未聞の飲食店経営」を切り口に1店舗10看板(『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』『博多物語もつぞの』『球磨物語うまぞの』『薩摩物語しゃぶぞの』『利酒道場ZONO』『九州テーマパークZONO』)という偉業を成す!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!『Z-marketing』を立ち上げ、脱サラ開業者の支援活動も開始。常に全力で更なる高見を目指す!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top