WEB予約 お客様の声
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

上場物語217話

2018.02.04


上場物語は第三部に突入する!ZONOは日誌を綴る・・・

 

 

 

 

 

はい!六本木に2店舗展開する”とりぞのオーナー”でもあり、

 

 

 

 

にて脱サラ開業の支援をしているZONOです♪

 

 

 

 

 

第一部「勇猛果敢」は幕を閉じた。一人で暴走してしまったZONO、第二部は「原点回帰」とし、モノの考え方に着目してきた。いよいよ第三部では戦略的に仕掛ける所存、「前代未聞」を掲げ上場企業の社長となるべく新たな舵取りをす!誰をも圧巻させる飲食店経営者への挑戦、『Z-marketing』の“マーケティングブログ”と連動して盛り上がる!

 

 

 

 

 

1月29日 第二部「原点回帰」の終焉

 

いきなりの展開です!

 

いつもの始まりと思い、読み進められたでしょうが、冒頭文が変わっていることに気付きましたか?先週を以って第二部は終焉を迎えました。「原点回帰」ではより根本的に、モノの見方考え方を日誌形式で綴ってきました。非常に考え深まるいい機会だったんです!

 

しかし・・・非難中傷の声が止まない!コメントが届くんです。例えばこんなコメント・・・

 

「辞めたスタッフのことをネチネチと綴ってるうちは上場できないと思いますが、、事情を知らない他者から見たら小さい人間と思われても仕方ないよね、愚痴を言うなら、その人を否定する前に、まず自らのアルバイト教育を変えたら?だから、スタッフが去っていくことをまだ学ばないの?戦っているレベルが低すぎる。自分に余裕がないんでしょうね、いい歳して、恥ずかしいですね上場できるように頑張ってください」

 

これには凹みました。以前からこのようなコメントが結構届いてて、継続を迷っていたんです。もちろん、綴っていることに自信はあり、間違ったことをしているとは思っていませんが、飲食店の主人があまり敵を作ってはいかないかなとの結論です。

 

「思ったことを綴り、そこから何かのアイデアを得、根本的に見直し、改善し成長する」ために、何事も包み隠さず綴ってきました。だから前進する、それが日誌スタイルです。とはいえ、経緯を知らなければ、こちらサイドの人間でなければただの自己満、これではダメだなと。今後はこのような思考は個人の日誌に委ねるとします。いや、最初からそうしとけば良かったんですね。。。ただこれも成長です!!!!!そして・・・新たな自信が芽生えました!

 

 

「批判される人の銅像はあるが、批判する人の銅像はない」

 

 

非難中傷、批判のコメントの数々、嬉しかったんです !!!どーん

 

 

 

1月30日 第三部「前代未聞」

 

ZONOもいよいよ周囲から批判され始めました。成長への第一ステップは誰かに批判されてからだと言われています。だって、誰にも何も言われない人って、影響力がない訳ですもんね、あれこれ野次が飛んで初めて周囲への影響力を実感できます。例えばこのブログに批判的コメントを下さる方々は少ながらずZONOの影響を受けている、じゃなきゃ読まないですもん!興味なくしてコメントはしない、そこに影響を実感できるのです。

 

ということで・・・第三部ではより敵を作る試みです。もちろん、単に敵を作るだけでは矛盾します。「飲食店の主人があまり敵を作ってはいかないかな」と、第二部「原点回帰」が終焉した訳です。それは分かってます。なので言い返します。「鈍感に敵を作るのではなく、戦略的に敵を作る」これが第三部のコミットです。日誌スタイルという未完成な状態でなく、しっかり全体的にシナリオを組んで綴っていく、戦略的な記事を仕上げるのです。

 

そしてレバレッジです。Z-marketingを立ち上げ、ZONOの頭の中は「マーケティング」でいっぱいです。Z-marketingにてマーケティングブログも始動し始めました。あれこれ無意味に綴っても戦略性は弱いでしょう。ここは統一して、記事を進めて行こうと思います。それに社長のすべき業務は「マーケティング」です。「前代未聞」はマーケティングを起因して革命を起こします!

 

何はともあれ、乞うご期待!!どーん

 

 

1月31日 マーケティングとは

 

今週は「マーケティングとは一体なんのか?」まずは初歩から明確にしていきます。

 

マーケティングとは一体何のだろうか?ネットで検索してみると、どれもなかなか腑に落ちません。いや、どれも最もなことを言って納得できるんですけどね、同じことを言っていないんです。だからどこまでがマーケティングなのかと混乱してしまいます。こういう時は権威者の定義を参考にしましょう。誰が権威なのか、そこも定義しかねますが(笑)、日本には、マーケティング活動の研究や調査を行っている“日本マーケティング協会”という団体があります。その団体はマーケティングを以下のように定義しています。

 

「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である」と定義しています。

 

はい、難しい(笑)!これではマーケティングはただただ迷宮入りですね。ちょっと簡単にしてみましょうか。「幅広い視野で、お客様と理解し合い、市場を創り上げる活動」ですかね。ちょっと分かりやすくなった。こう見てみるとポイントは3つですね。「①幅広い視野」「②お客様と理解し合う」「③市場を創る」が浮かび上がってきます。

 

では各々について考えて行きましょう!

 

 

2月1日 幅広い視野

 

まずは幅広い視野とはなんぞやを考えてきます。

 

マーケティングに取り組むにおいてこのポイントは非常に大切なことなんです。非常に広範囲に及びます。かの経営学者ピータードラッカーは「マーケティングはセールスを不要にする」と言ってますが、ここからマーケティングを想像していくんです。

 

セールスって「買って下さい!」という行為です。そのセールスが不要になるのはなんぞやということです。「買って下さい!」と言わずして人が買ってくれるんです。例えばディズニーランドはいつも人で溢れますけど、ディズニーのキャストに「来て下さい!」ってセールスされた覚えってないですよね?つまり、ディズニーはマーケティングによってセールスを不要にしたと言えるんです。

 

ではセールスの代わりに何をした?ということなんですけど・・・それがマーケティングです。マーケティングによって「行きたいな〜」「欲しいなぁ〜」「使ってみたいなぁ〜」と思わすことに成功したんです。だから広範囲なんです。これと言った行為ではないんです。幅広い視野で仕掛けていく、その必要があるんです。ディズニーランドは、次々に新しいイベントを打ち出しますよね、季節ごとに魅力的な企画が出ます。駅構内にはポスターが貼ってあります。テレビ CMも流れます。心惹かれますよね?!ポイントは決して「来て下さい!」とは言ってないことなんです。ただ魅了されるんです!だから言われなくても行くんです!

 

次の要素に入りましょうか・・・

 

 

2月2日 お客様と向き合う

 

次は「お客様と向い合う」です。

 

マーケティングはセールスを不要にする、そのための幅広い視野持った活動であることは分かりました。ただ、幅広い視野も一方的ではダメなんです。例えば・・・ディズニーランドが、全日本プロレスとタッグを組んで、一大イベントを展開するんです!どう思いますか?一部の人は集まるかもしれませんが、「どうしたんだろう?」と大半の人が不安になるはずです。

 

人を魅了するには、その人のことを知る必要があります。だから「お客様と向き合う」ことが大切なんです。幅広い視野で仕掛けて行くんですけどね、一方的でなく顧客目線で仕掛けるんです。非常に大切なポイントになります。

 

また、向き合うには「繋がる」という要素もあります。マーケティング活動では顧客との繋がりを大切にします。通りすがりの通行人より、知り合いに言われたことを信じるでしょ?例えば会員登録、ここではまだセールスは始まっていません。ただ繋がるんです。繋がることにより、安心感が生まれるんです。ダイレクトメールの配信が始まる訳ですが、ここでお客様と会話をするんです。通りすがりの通行人から知り合いになった瞬間、提供しているものが魅了的に写れば、セールスせずとも買ってもらえるんです。

 

次の要素に入りましょうか・・・

 

 

2月3日 市場を創る

 

次は「市場を創る」です。

 

総まとめ的要素で、非常に重要です。幅広い視野で、お客様と向き合う、その結果です。新たな市場が完成するんです。

 

例えばスマートフォンです。発売当初、爆発的に売れましたが、誰もスマートフォンが欲しいって言ってないんですね。いわゆるガラケーが市場にはありました。だから顧客は「高性能なガラケー」を求めていたんですね。そこに幅広い視野でお客様と向き合った結果、登場したのがスマートフォンなんです。

 

車の登場も同じです。車以前は馬車だった。だから誰もが早く走れる馬を求めたんです。でもフォードが車を開発して新たな市場を想像したんです。ポイントは誰もそれを欲しいとは言っていないことなんです。必要性がある点ですね。そこから創造していくんです。

 

 

あれ?逆にマーケティングが複雑になってきた!汗

 

 

来週から本編に入ります!どーん

 

 

《上場物語バックナンバー》

 

第一部:勇猛果敢

1〜118話

 

第二部:原点回帰

119〜216話

 

第三部:前代未聞

217話:前代未聞が始まる!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top