WEB予約 お客様の声
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

上場物語205〜210話

2018.01.21


上場物語は第二部に突入する!ZONOは日誌を綴る・・・

 

 

 

 

 

はい!六本木に2店舗展開する”とりぞのオーナー”でもあり、

 

 

 

 

にて脱サラ開業の支援をしているZONOです♪

 

 

 

 

 

第一部「勇猛果敢」は幕を閉じた。一人で暴走してしまったZONO、第二部は「原点回帰」とし、ZONOは上場企業の社長となるべく新たな舵取りをす!誰をも圧巻させる飲食店経営者への挑戦、「原点回帰」は日誌スタイルにて始まる。

 

 

 

 

 

1月15日 夢

 

今日の営業を振り返り日誌を付けています。

 

夢を見ました。夢の中に死んだ祖父母が出てきました。祖父母に見せることのできなかったお店「とりぞの」にお客様として来店してくれた、そんなストーリーの夢です。現実にはありえません。だって、祖父母は「とりぞの」ができる前に亡くなったのですから・・・

 

朝起きると、1秒くらい何が何だか分かりません。でもすぐさま「あっ、夢だったんだ!」と理解するのです。こんなことって貴方も経験したことありますか?これが夢なんです。

 

でも、夢の中では、夢にも関わらず、夢って思ってない自分がいるんですよね(時たま夢って分かっている場合もあるけど)。夢の中ではまさに現実の如くに時間が流れ、朝目覚めるとそれが夢だと理解するんです。非常に不思議な現象です。

 

でもこれって逆転の発想できませんかね?夢の中ではその今が現実なんですよ。そうすれば・・・起きない限り夢自体は現実のまんま、だとすれば本当の現実を夢って言い換えることもできるんです。つまりです!もうどっちが夢か分からない、そう解釈出来るんです!

 

続く・・・

 

 

1月16日 夢の可能性

 

今日の営業を振り返り日誌を付けています。

 

ZONOの格言として「睡眠以外の全ての時間を仕事に費やす!」というものがあります。決してワーカホリックではありません。生きがいとして仕事に従事していますからね、非常に幸せなんですよ。さて、その格言が昇華するんです!

 

 

「睡眠も含めた全ての時間を仕事に費やす!」

 

 

と。もうバカでしかないかもしれません。でも、夢を現実と捉えることが出来れば、その可能性にコミット出来るんです。現にZONOは夢の中で新商品を閃いたことがあります。夢の中でお店のオペレーションを改変したことがあります。夢から何かしらのアイデアを得る、エジソンが有名ですね。椅子に座って鉄球を持って寝るんです。眠りに付くとその鉄球が床に落ち激しい音を放つ、これにて目が覚め、さっとメモ帳に夢を綴る・・・エジソンが実践していたアイデアを掴む方法です。

 

どこまでやるかでしょうけど、大きな成功を掴むには、夢こそ利用してやるまでです!もちろん、しっかり睡眠は取りましょう。ロングスリーパーなのにショートスリーパー目指しても体を壊すだけです。ホリエモンが言ってましたよ。「ロングorショートどっちだっていい。起きてる時間の全てを仕事に費やせ!」と。

 

あれ? ZONOはホリエモンを超えた?どーん

 

 

1月17日 「墓参りはいい、思い出してくれ!」

 

今日の営業を振り返り日誌を付けています。

 

おじいちゃんっ子でした。一緒に住んでいた訳じゃないけど、家から車で20分くらいの山奥に祖父母の家があったんです。よく泊まりに行ってました。そしておじいちゃんの隣でご飯を食べるんです。寡黙で昔ながらの関白亭主?怖いんですけどね、あまり会話しないんですけどね、おじいちゃんの皿から僕のお皿に僕の好物を入れてくれるんです。食事が終わる頃には皮を向いた桃を差し出してくれるんです。僕のことを見ているんです。僕が好きなものも知っているんです。だから僕は必ずおじいちゃんの隣の席を陣取りました。

 

そんなおじいちゃんが僕に残した名言があります。「墓参りはいいから思い出してくれ!」との言葉です。わざわざこんな山奥に戻ってくる必要はない、そんな形式ばった儀式なんてどうでもいいよということです。ただ、忘れないで欲しい!これ非常に深いです。当時はよく意味が分からなかったんですけど、死ぬ死なないは、忘れらるか忘れないかじゃないかと思ったんです。

 

ワンピースですけど、ドクター・ヒルルクが言ってました。「人はいつ死ぬと思う…?……人に 忘れられた時さ…!!」と。昔の知り合いが死んだという情報。もう十数年会ってない訳、この情報が耳に入るまで記憶の片隅にいた知り合いです。これって死ぬ死なないの問題じゃないですよね。僕がその知り合いを覚えているか忘れたかの違いなんです。どんなに長生きしたとしても、誰にも見て貰えず、ひっそり一人で生きていたら・・・それって世間的には死んだと同じなんです。

 

だから僕は墓参りに行きません。もちろんついでには行きますよ。でもわざわざは行きません。だって、おじいちゃんのこと今でもしっかり覚えてて、こうやってブログに綴っているのですから!!

 

 

1月18日 夢で時空を超える

 

今日の営業を振り返り日誌を付けています。

 

「君の名は」は見ましたか?200億円の興行収入を記録した大ヒットアニメ映画です。ぜひ見て下さい。夢の可能性にコミットできます。これ、夢みたいな話ですけど、いや実際は誰でも体験している話なのかなと思いました。

 

「君の名は」の詳細なストーリーはネタバレになってはいけないので控えますけど、とある二人が時間軸を越えて入れ替わる話なんです。時間軸を超える、まるでタイムスリップ、現実的にはあり得ませんね。でも夢の中ではそう言ったことも可能なのかと考え至りました。説明しましょう!!

 

僕の夢に死んだおじいちゃんが出てきてあれこれ話してくれたんです。で思ったんです。このおじいちゃんって時間軸を越えて僕の夢に出てきたのかなと。まだ生きている時のおじいちゃんが時間軸を越えて僕の夢に出たんです。死んだおじいちゃんじゃなくて、生きていた当時のおじいちゃんです。

 

僕の場合で言うと・・・

 

僕が死ぬとするじゃないですか。で、僕には息子がいるんですけど、僕の息子が二十歳になった時に息子の夢に出るんです。そして何かを告げる。これ、死んだ僕が出たんじゃなくて、生きてるい今の僕が時間軸を越えて息子の夢に出たんです。息子と僕が夢を通して繋がる結びです。もちろん、僕の息子は今1歳です。記憶の中に僕はいません。でも、僕はこうやってブログを綴る。妻だって僕のことを語る。積み重なって積み重なって、息子が僕を想像するんです。この想いにて、”現在の息子の夢”と”過去の僕の夢”が繋がるんです!!!!

 

時間軸を超える・・・夢恐るべし!!

 

 

1月19日 夢は可能性無限大

 

今日の営業を振り返り日誌を付けています。

 

今週の日誌は一週間を通して考えて欲しいのです。「時空を越えて”過去の夢”と”現在の夢”が繋がる結び」と綴りましたが、ちょっと馬鹿げてますか?戻って考え直して欲しいんです。夢って目覚めなければ現実でしたよね?夢の中では現実が夢なんです。だから夢そのものを一時は現実と言える。寝てたら現実が夢。”過去の夢”と”現在の夢”という現実同士には関連性を築けるんです。

 

でも所詮は空想の世界、夢は夢だと言われるかもしれません。ただ、空想だから凄いのかなと。空想は可能性無限大です。言っちゃえば夢の方が現実よりパワーがあるんです。現実世界では不可能なことが、夢では可能なんです。つまりですよ!!つまり、夢と言うものは、空想によって、無限な可能性に挑戦できる「現実」なんです!凄くないですか?

 

なぜエジソンが鉄球玉を持ってまで夢からアイデアを得ようとしたか、今悟りました。夢という無限の可能性を現実として利用したんだと!これは歴史的な大発明です。無理だ無理だと言われたことを、夢の中で次々と可能にしてゆく。夢という現実、それを実際の現実に持ち込む・・・

 

続く・・・

 

 

1月19日 どう活用するか?

 

今日の営業を振り返り日誌を付けています。

 

では実際、どう夢を活用するかについて話します。これ、僕が実践しているやり方なんですが、非常に効果的です。このお陰で、僕は想像力が豊かな人だと言われています。当たり前ですよね、可能性が無限の領域に手を出し始めているのですから!スーパーマンです!もう!

 

まず、とにかく意識です!自分が成し遂げたいことを常に意識して下さい。ただ意識するだけじゃダメですよ。実際に関連する分野の本を読み漁ったり、学ぶために外に出て動いて下さい。僕の場合は、ビジネス関連の書籍を読み、市場調査として毎週日曜日はどこかに出かけます。こんな感じです。するともう変化が起きます。夢に出てくるんです!僕なんて常に”とりぞの”が夢に出ます。それだけ意識しているんです。

 

次に、あなたが教えを乞われたい人を思い描いて下さい。もちろんただ思い描くだけじゃダメです。その人を常に意識して、故人であれば伝記を読み漁る、ブログを読む、生きていたら一緒に飲みに行って下さい。ここまですればその人があなたの夢に出ます。あなたの成し遂げたい領域にその方が登場する・・・肝心なのはここからです。ここでその方は何を告げたのか?

 

その方とあなたの夢が繋がった瞬間です。馬鹿げていますか?でもこれって意外に面白いことが起きるんです。常に意識してますからね、その方が割りかし適切なアドバイスを下さるんです。単純に考えれば、僕の想像が夢になっただけのようですけど、違うんです。夢が現実ならばそれは現実とも言える。人が死ぬのは忘れられた時、忘れず思い描かれれば、それは生きていることと変わりないんです。だとすれば夢を利用することでいつでも誰でもあなたの側に現れます。それは夢の中では現実!しかも可能性は無限大!!どんどん時空を越えたくなってきました?!

 

寝るのが楽しみ!!どーん

 

 

《上場物語バックナンバー》

 

第一部:勇猛果敢

1〜118話

 

第二部:原点回帰

119〜121話:脳というCPU

122〜124話:雑務分類と依頼の基準

125〜127話:RAMとROM

128〜130話:5つの思考

131〜132話:営業終了後に日誌を付けている?

133〜135話:嘘を付く王様嬢王様

136〜141話: ZONOピンチ

142〜147話:打倒apple!

148〜152話:雇われマインドとオーナーマインド

153〜158話:1日1回の小さな発明

159〜164話:超越的自発という独自用語

165〜169話:高度なポジティブ

170〜175話:無知最強説

176〜181話:自分を守るタイプ

182〜187話:渾身のレポート

188〜192話:ポジティブ忘年会

193〜197話:不機嫌なネガティブ野郎の掲載

198〜199話:明けましておめでとう御座います!

200〜204話:ナルシストの哲学

205〜210話:夢の可能性



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top