WEB予約 お客様の声
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

ラベルデザイン

2017.12.18


今週の『利酒道場ZONO(焼酎部門)』の開幕です!!

 

 

 

 

 

はい、六本木一押しのお店と言えば…

 

 

 

 

こと、唎酒師・焼酎唎酒師・ソムリエのZONOです♪

 

 

 

 

 

今日はラベルデザインから読み解く焼酎の味わいです!

 

 

ラベルデザインから読み解く

 

 

2週続けて記事メインです。これには訳があって・・・カメラの不調です。とはいえ、ポジティブに捉えましょう。文字だからこそ詳細に伝わる情報もあるのです!とはいえ、利酒道場ですからね、来週から動画復活します!せっかくですので、レベルUPして戻ってきます!乞うご期待!

 

今週は「ラベルから読み解く焼酎の味わい」について綴ります。お客様がおっしゃることですが、「こんなにも沢山の焼酎の味わいをよく把握しているね」とのお褒めの言葉です。プロですからもちろんですが、正直な話、完全把握はしてません。コツはラベルデザインなんです!

 

デザインの話になりますが、デザインはコンセプトの集大成です。会社やお店のロゴを作成した方ならご存知ですよね。ロゴ制作はデザイナーにロゴに込めるコンセプトを伝えるところから始まります。つまりデザインから理念やら社風やらコンセプトが伝わるのです。これ、焼酎のラベルも同じなんですよ。蔵の方がデザイナーに焼酎のコンセプトを伝えます。それが形になってラベルに印字されるのです。

 

結論、力強い味わいの焼酎は力強いデザインです。対して、洗練されたスッキリとした味わいならば、ラベルもスッキリと澄み切ったラベルデザインなのです。もちろん、これだけだと確実性はないですよ。ただ、ラベルの印象から情報を引き出します。基本的に過去に利き酒しているので、大体は理解しているんですよね。だからラベルデザインを元に情報を類寄せて、味わいを形作っているんです。

 

そりゃー、一番の理想は毎回テイスティングする事です。とはいえ、お客様には開封したての焼酎を飲んでもらいたい(味わいは変わりませんが気持ちの問題)ので、事前にテイスティングすることも出来ません。だから「ラベルデザイン」が重要なキーとなるのです。デザイン以外にも文字情報も重要ですけどね、その辺りはまた綴らせて頂きますね。

 

 

 

 

 

それでは、皆様の愛のご来店!心よりお待ちしております♪

P.S.〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

スペースマジック株式会社

代表取締役(一生現場主義)

奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!「前代未聞の飲食店経営」を切り口に1店舗10看板(『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』『博多物語もつぞの』『球磨物語うまぞの』『薩摩物語しゃぶぞの』『利酒道場ZONO』『九州テーマパークZONO』)という偉業を成す!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!『Z-marketing』を立ち上げ、脱サラ開業者の支援活動も開始。常に全力で更なる高見を目指す!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top