WEB予約 お客様の声
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

九州の日本酒

2017.12.12


今週の『利酒道場ZONO(日本酒部門)』の開幕です!!

 

 

 

 

 

はい、六本木一押しのお店と言えば…

 

 

 

 

こと、ナルシスト店主のZONOです♪

 

 

 

 

 

今日は「九州の日本酒」について綴らせて頂きます!

 

 

九州の日本酒

 

 

日本酒のメニュー一覧をご覧になったお客様が、「九州の日本酒だ!」と驚かれます。当店にとっては「九州鳥酒」なので当たり前のことではあるのですが、他店のお店では東北の日本酒メニューが目立つようですね。確かに、九州のお店でさえ、日本酒は九州以外を置くこともあります。そこで今日は、「九州の日本酒」について一筆綴ってます。

 

日本酒と言われて、九州のイメージがつかないのは、九州の酒といえば、焼酎を想像される方が多いからでしょう。確かに全国的に有名な焼酎銘柄が九州には多数あります。いや、ほぼ独占ですね。九州以外で焼酎と言われてもピンと来ません。しかし!九州には全国、そして世界で表彰されている日本酒も多々あるんです!!

 

その理由は・・・九州はお米の産地だからです。新潟など日本酒が有名なところもお米の産地ですよね?当たり前ですが、日本酒とお米は切っても切れない関係性です。だからお米の産地であれば、美味しい日本酒が作れるのです。九州には、福岡県の「元気つくし」、佐賀県の「さがびより」、熊本県の「ヒノヒカリ」「森のくまさん」など特Aランクをつけられたブランドが多数生まれているんですよ!

 

そしてZONOが「九州の日本酒」に拘る理由、もっとも大切な理由は・・・地場の料理と地酒の相性です。調味料全般を九州から仕入れておきながら、日本酒を他地域で合わせられるでしょうか?料理も酒も、地元の方の舌によって形成されます。ソムリエであるZONOは、マリアージュを蔑ろに出来ないのです。

 

と、少し話が逸れましたが、九州の日本酒が決して侮れないとご理解頂けたのではないでしょうか?是非この機会に、九州は焼酎だけでないとの認識、そして新たな日本酒の世界観をお楽しみ下さい!

 

 

 

 

 

それでは、皆様の愛のご来店!心よりお待ちしております♪

P.S.〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

スペースマジック株式会社

代表取締役(一生現場主義)

奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!「前代未聞の飲食店経営」を切り口に1店舗10看板(『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』『博多物語もつぞの』『球磨物語うまぞの』『薩摩物語しゃぶぞの』『利酒道場ZONO』『九州テーマパークZONO』)という偉業を成す!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!『Z-marketing』を立ち上げ、脱サラ開業者の支援活動も開始。常に全力で更なる高見を目指す!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top