WEB予約 youtubeチャンネル
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

(火) 満席率5%

2020.10.20


「ユーチューバー店主のZONOです!昨日はビビった!満席率5%から・・・なんと!満席率50%まで伸びました!凄い凄いよ!感謝感激鳥白湯〜ありがとう御座います!そして、今日も満席率5%からのスタートなんです汗!お願いします!助けて下さい!どーん」

 

《本日の動画》

 

今週の水曜日。とある焼酎蔵の方が、鹿児島から当店にいらっしゃる!さて、その際にお聞きする質問を募集中!

 

蔵元様に聞きたい!あんなことやこんなこと!

 

焼酎ユーチューバーとして、蔵元様とお話しさせて頂くとなれば、かなり緊張する。だって、毎日365日焼酎の動画を配信している変態ともいえる男!しかも六本木で一番焼酎を売る男!安易な質問できぬ!「焼酎ってどうやって作るんですか?」なんて質問したらファッキュー!さぁ、せっかくのご面談「質問リストを作成してしっかりと丁寧に質問させて頂く訳だが・・・」力を貸して下さい!焼酎に関する、失礼にならない高度な質問教えてください〜

 

もちろん、蔵ならではの独自な質問理想なので、お会いする蔵元を伝えなければ、ならぬのは重々承知。とはいえ、まだ動画上で公開することの許可をもらえていないので、そこは伏せさせて下さい。なので、みなさまからいただいた質問を、その蔵に合わせた形にカスタマイズして質問させて頂きます。

 

ZONO的には第4次焼酎ブームに向けて可能性、そんな話がしたいなと。実際に、六本木という現場では、フローラルで香り高い焼酎の反応がいい。それがオレンジ芋や、酵母、熟成芋等、いろいろな要因で、起こり得るのだろうと感じている。お会いする蔵元の表立った商品ラインナップに、あまりフレーバー系の焼酎が含まれていないので、そのあたりは気になる。とはいえ、お会いする蔵は大手メーカーではない。あれこれ手を出すのも戦略違い、大資本蔵の網羅的な戦略に対して、小規模の蔵ならではの尖った戦略。個店の店主としてZONO自身が、取捨選択して尖った商売しているだけに、自分のことのように聞いてみたい。とんがった方向が時代のトレンドに合わない時、どのような舵切りをするのか。愚直に貫くのか、やり方を切り替えるのか。今、実際にZONOも、宴会の求められない時世に、宴会向きの大箱店舗の経営に行き詰まりを感じている。お会いする蔵元は、昔ながらの味わい深い芋焼酎を造る蔵元さんだ。確かに、そういった真摯的な芋焼酎によって、第3次焼酎ブームが起きた節がある。対してそれ以降、下降傾向の焼酎消費量。ワインや吟醸酒と華のある酒が求めてている時世に、芋っぽさじゃなくて、香り高さで焼酎のトレンドも動き始めている。とはいえ、今の焼酎需要を支えているのが、昔ながらの味わい深い焼酎であることも事実。そのバランス。いち蔵じゃなくて、ブームを起こすならば全体と手を取り合う戦略になるだろうが、蔵の進み未来をお聞きしてみたいとおもっている。「商品そのものより機会」というマーケティング観点からすると、芋焼酎造りを超えた未来、なんだかワクワクする話がしたいと思っている。

 

まだまだのチャンネルではあるが、第4次焼酎ブームを起こすべく躍起のチャンネルとして、なにか面白いタッグ、双方向に有意義な機会を作り出したいなぁ〜と。はい、皆様はZONOになんと聞いて欲しいですか?

 

 

 

 

 

スペースマジック株式会社
代表取締役(兼 とりぞの店主)
奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に87席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!が、2018年7月、全権を委ねた店長に裏切られ閉店、12月には火災事故にて本館も失う・・・2019年、全てを喪失したZONOは、起死回生に向けて立ち上がる!そして今・・・『焼酎ユーチューバーZONO』として前代未聞な挑戦が始まる!

 

 

飲食店経営革命

〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

 

 




Top