WEB予約 youtubeチャンネル
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

竈で猫と人

2020.10.10


竈に猫を見た。ごろんと気持ちよさそうに横たわるその姿を見て、「猫になりたいな」と、男は思ったに違いない。すると男の声が届いのか、その猫は言う・・・

 

「芳醇な人生だにゃ」

 

開いた口はもちろん、開いた手にも力はない。男はものの数秒、瞬きをしない。猫が喋るなんて、テレビ越しには常識かもしれないが、テレビの外の世界で、そんなことが起きえようか?男の思考は追いつかず、思わず、「こんにちは」と挨拶をする。その口調は親しい友達に話しかけるように。対して猫は、男に上から差し込む。

 

「あそこの戸棚開けてみにゃ!」

 

男は言われるがままに、土間の隅っこにある、埃のかぶった年季ものの戸棚の中を探る。そこにはあったは、「竈猫」。同じく横たわる猫の姿がボトルに記されている。紫優と黄金千貫のブレンド焼酎のようだ。

 

香りから・・・なんだかツンとする爽やかな酸がある。蒸したお芋を酢漬けしたでも言おおうか、膨らむ香りは、キュッと引き締まる。口に含むと・・・芋の甘さから始まる。まずは紫芋。紫優の上品で艶めきある甘さ、そこから徐々に黄金千貫の太々しさを感じさせるも、香りで感じた酸味。広がる味わいを、まとめ上げ、上品な終盤を演出する。不思議な焼酎だ。

 

猫はもう、にゃーとは言わない。「結局、そんなもんよ。にゃーにゃーいうのも疲れたわ!お前さんよ、覚えておらんか?ちょうど1ヶ月前も同じようなことを思っておった。」

 

ちょうど1ヶ月前、山中の小屋に、一匹の野良猫がやってきた。飼い主に捨てられたその猫は、白色であっただろうに、毛は焼け焦げたかのようにくすんでいた。小屋の家主は、猫の泣き声に気付いたか、猫を部屋の中に招き入れた。さて、猫はにゃーにゃー叫ぶやいなや、部屋中に漂う不思議な力に影響受けてか・・・徐々に徐々に、赤子のように言葉を身につけてゆく。そして最終的に、猫は言う。「人間になりたいなぁ〜」と。猫の夢は瞬時に叶う。家主は猫を手に、竃に放る。すると猫は、みるみる手足が伸びてゆき、身体中の毛という毛が、一気に引っ込む。進化論の過程を垣間見るかのように、猫は仁王立ち、煤にまみれた一人の男になっていた。対する家主には、全く逆のことが起きる。先ほどまでの威厳ある存在感を失い、可愛げな猫へと化していた。

 

そして今。「ほれみなはら。結局、猫になりたんかい!」

 

竃で気持ちよさそうに横たわる猫に、もう心地良さそうな表情はない。猫は、体の煤を払うと、眉間に皺を寄せるかの形相、しっぽを指し示す。指したしっぽの先は炊事場。床下をあけるように指示をする。男は、床下に顔をツッコミ、手を伸ばす。手にしたは…「芳醇 竈猫」季節限定、秋口限定商品らしく、黒色のボトルに、愛嬌ある猫がデザインされている。今度は、紫優とジェイレッドのブレンド焼酎だと。飲んでみろと猫はいう。

 

香りから・・・ツンと派手な香りの立ち上がり。香り高い。これはフレーバータイプの焼酎に分類されるだろう。高級酢のようにとろりとした甘酸っぱい香り。口に含むと・・・酸味のタッチから、膨らむオレンジ芋のパッション感、ところどころに紫芋の艶を魅せるも、単体というより一体として、芋を超越している。熟し発酵した南国果実を彷彿とさせるが、全体を包みあげるは品のある酸味。不思議な世界に迷う。

 

気付けば男は猫に戻っていた。口中には焼酎の残り香。心地よい酸が体になびく。先ほどまでに猫がいたその場所には、腕組みしたおじさんが煤を払っている。家主だ。元に戻ったということか。おじさんは言う。

 

「猫になりたい人か、人になりたい猫か・・・でも結局は、お前さんはお前さん。お主が人になろうが、猫になろうがって、お主の芯は変わらない。この酒が季節で姿を変えようが、へっつい猫には通ずる味わい、ツンとした酸がある。酒とて、人生とて、上っ面に騙されちゃならん!芯を見据えよ!その芯を以って、選んだ芋の品種によりこうも違う。」

 

男の口中には、心地よい酸がいつまでも残る。これがお酒の余韻か、今を生きると言うこの余韻か。その酸は、己を締め上げるようにみえて、そっと撫で下ろす加護をも感じる。

 

「猫とて、人とて生涯という自分の持ち時間。この時間という入れ物に、何を詰め、何で満たすかが人生だ。自分の時間に何を詰めるかを、自分で選び決める。人生は自分で創るもの。詰め物は、積み重なる時間の中で熟成し、芳醇な香りと味わいをもたらす。芳醇な焼酎か・・・人生か・・・」 男は己に、人を、そして期待をも詰め、山を降りて行った。

 

 

酒名:芳醇 竈猫
蔵元:落合酒造場@宮崎県宮崎市
芋:紫優・ジェイレッド
麹:米麹(白)
蒸留;常圧蒸留
特徴:秋口限定商品

 

 

それでは、皆様の愛のご来店、心よりお待ちしております♪

 

 

 

 

 

スペースマジック株式会社
代表取締役(兼 とりぞの店主)
奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に81席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!が、2018年7月、全権を委ねた店長に裏切られ閉店、12月には火災事故にて本館も失う・・・2019年、全てを喪失したZONOは、起死回生に向けて立ち上がる!そして今、『焼酎ユーチューバーZONO』として前代未聞な挑戦が始まる!

 

 

飲食店経営革命

〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

 




Top