WEB予約 youtubeチャンネル
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

(木) 満席率40%

2020.10.08


「ユーチューバー店主のZONOです!本日は宴会が2件入っております。とはいえ、当店は87席、それでも半分以上席が空いております。しかも、贅沢なソーシャルディスタンスセットです!大型店舗の強みを存分に生かします!」

 

《本日の動画》

 

ふーぜる油

 

いいか!新酒と言ったらコレ!このギドっと漂う油臭、ちょいとガソリンスタンドの香り?給油するときに、給油口から立ち込めるあの香りに似た、オイリーな香り。あのガソスタの茶髪の姉ちゃんはピアスも舌ピのついてるのに処女だと言っていた。今でも元気かな?

 

閑話休題!新酒を語る上にで、非常に重要となってくるのが、フーゼル油だ!アルコール発酵を行うと、生成される成分。正確には、アルコール発酵の際に、エチルアルコールに随伴して微量に生成される、炭素数3〜5のアルコール類とそのエステル類とを主成分とする混合物の総称だ。フーゼル油は別名「高級アルコール」高級というのは、高い上級ということではなく、分子中の炭素(C)の数が多いから高級と呼ばれる。ちなみに飲めるアルコールのことを、「エチルアルコール」という。お酒は基本的にエチルアルコール。対して、飲めないまでも、一般的に良しとしないアルコール類、アルコール発酵するときに、エチルアルコール意外にも様々なアルコール(類)が生成されるのだが、それらをひっくるめて、「フーゼル油、高級アルコール」と読んでいる。具体的には、イソアルミとかなんとかいろいろな名称があるが、詳しいことは知らん!

 

なにはともあれフーゼル油!名のごとく、水に溶けにくく、油状の物資なので水に浮く。油なだけに、オイリーな香りがするのは当たり前、喉越しもギドギドとして、不快感を与える。ただ、香気成分・旨み成分として非常に重要な役割を果たすのも事実。うまく量を調整すれば臭いは独特の香りの元になる。

 

さて、重要なのは、ここから!醪を蒸留後、蒸留液には、揮発性のこのフーゼル油が含まれている。油なので、表面に膜を張る。一般的に、これらの成分は腐敗の元、品質に影響を与えるので、濾過するなりで取り除く。が、先述の通り、香気成分・旨み成分として重要な役割を果たすのも事実。手救いで最低限取り除く荒濾過が主流となってきてはいる。また、熟成により、フーゼル油が徐々に酒質に溶け込んでいく。そういった、フーゼル油を取り除く、或いは酒に溶けこました焼酎が、一般的な定番商品、レギュラーの焼酎となる。

 

さて新酒とは?そんなフーゼル油の処理をする前の焼酎を瓶詰めした焼酎!なのでフーゼル油が酒質に溶け込まず、ぎっしりと詰まっている。しかも蒸留したて、できたてほやほやの焼酎、つい先月採れたお芋で仕込んだ生まれたての焼酎というストーリーもある。つまり・・・何も知らない・・・処女なのだ!どーん

 

 

 

 

 

スペースマジック株式会社
代表取締役(兼 とりぞの店主)
奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に87席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!が、2018年7月、全権を委ねた店長に裏切られ閉店、12月には火災事故にて本館も失う・・・2019年、全てを喪失したZONOは、起死回生に向けて立ち上がる!そして今・・・『焼酎ユーチューバーZONO』として前代未聞な挑戦が始まる!

 

 

飲食店経営革命

〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

 

 




Top