WEB予約 youtubeチャンネル
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

(水) 満席率10%

2020.10.07


「ユーチューバー店主のZONOです!昨日は突如の宴会ありがとう御座います!今だけの・・・少人数でも40名様用大広間が貸し切れるチャンスです!さぁ、今宵も盛り上がるのか?安心してください!当店は87席、このご時世、満席になることはないでしょー」

 

《本日の動画》

 

まだ台所が土間で竃だったころのお話。火の落ちた竃は、ほこほこの天国・・・中に入って灰まみれになったり、時には毛に焦げを作ったり、あちちちち。だけど、寒がりの猫は大のお気に入り・・・。その愛嬌ある様を、竈猫と親しんだ・・・

 

竈猫

 

100年以上も続く宮崎県の銘酒蔵。落合酒造場。蔵は、周りを山に囲まれた盆地に位置し、山々から流れ出る鏡州川の綺麗で柔らかい伏流水を仕込み水に、和甕仕込み。原料だって、契約農家が「緑肥栽培」で育てたものだけを使用。緑肥栽培とは、畑で育った植物性肥料で芋を育てる栽培方法。これにて育ったお芋は、水分が少なく、凝縮され、肉質が固く締まった高品質なものになると言われている。

 

本日はそんな落合酒造場さんの代表銘柄「竈猫」を飲んでみる。2007年、ANA(全日空)国際線ファーストクラスに搭載されて、一躍脚光を浴びた焼酎でもある。「空飛ぶ猫」だと人は言う。竃の残り火で焼け死んだか?

 

失敬!この焼酎、二種類の原酒がブレンドされた焼酎。白芋系「黄金千貫」の黒麹仕込みの焼酎と、紫芋系「紫優」の白麹仕込みの焼酎のブレンドだ。常圧蒸留は言わんまでも、無濾過であるということも面白い。果たして、味わいはどうなるか?

 

気になるよね?気になるけれども詳細は・・・CMの後で!

 

Let’s テイスティング〜

 

見た目は・・・無濾過だけに若干の濁りはあるのか?ほとんど気にならない。

 

香りから・・・ツン!ツンとする。酸味?さわやかな酸、発酵臭がある。田崎慎也的に言うならば、猫のしっこか?いい意味で、そんな酸味あるまとまりがある。口に含むと・・・惚れる!紫優の艶めきある甘い甘みから、徐々に芯をもった太さ、黄金千貫のパワーがこみ上げるも・・・やはり紫芋の気品さがアフターに勝る。で、香りで感じた、酸味。味わいにも若干の酸っぱさを伝える。酸味ある味わい、非常に独特な分類になるだろうな、この焼酎。にゃーと甲高い声で泣く、締まりある焼酎に違いない。ねこのしっこは置いといても、酸味がいいアクセントなる。猫は竃で、しょんべん漏らす!(ねこのしっこ、ソムリエ的 美的表現)

 

 

 

 

 

スペースマジック株式会社
代表取締役(兼 とりぞの店主)
奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に87席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!が、2018年7月、全権を委ねた店長に裏切られ閉店、12月には火災事故にて本館も失う・・・2019年、全てを喪失したZONOは、起死回生に向けて立ち上がる!そして今・・・『焼酎ユーチューバーZONO』として前代未聞な挑戦が始まる!

 

 

飲食店経営革命

〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

 

 




Top