WEB予約 youtubeチャンネル
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

(金) 満席率30%

2020.10.02


「ユーチューバー店主のZONOです!昨日は大宴会ありがとう御座いました!満席率10%からの快進撃、感謝感激鳥白湯です!今日もまだまだ空いております!さぁ・・・GO To TORIZONOキャンペーン?」

 

《本日の動画》

 

武者返し

 

下はゆるやかで、簡単に登れるように見えるが、上に向えば向かうほど反り返りが激しくなってゆき、登ることができない。この石垣は、武士はもちろん、身軽な忍者でさえも、登ることからできないので、武者返しと呼ばれている。武者返しのふもとから、天守閣を仰ぎ見る。400年の歴史。波乱と栄華に満ちた熊本城。2016年4月の熊本地震では、多くの石垣が崩れ落ちるも、地元民の愛と共に復旧、美しき曲線、麗し武者返しは、また歴史を刻み続けている。

 

さて、長い歴史の中で、波乱は常にある。2020年の熊本大豪雨にて、波乱はまた起きた。明治23年創業時から常圧蒸留ひとすじ、減圧蒸留ブームにも惑わされず、石垣のように重い想いを積み重ね、蔵の天守を守り続けた球磨焼酎「武者返し」が、ガラガラっと崩れた。

 

継いだ家業と3人の子育てを女手ひとつで乗り越えてきた女性杜氏の跡を継ぎ、現杜氏についたのは、息子の吉松良太氏。母の意思を引き継いで、常圧蒸留の焼酎を、仕込む。しかし、当初は家業を継ぐつもりはまったくなかった良太氏。高校卒業後は、電気工事の会社に就く。も、母の姿は常に脳裏を宿ったのだろう。焼酎造りの過酷さ、蔵が潰れるようなピンチ。何度も目の当たりにした。でも、その先に、ほっこりと温かな幸せ、飲み手の笑顔を生み出すこの焼酎。「やらねばならぬ」という思いは、杜氏につき、「武者返し」として、蔵を守り抜く。

 

大豪雨。果たして、どれほどの涙があっただろうか。雨よりも、蔵を濡らしたその涙。母は息子になんと声を掛けただろう。息子は母になんと言っただろう。崩れ落ちた光景を目に、茫然とたちすくむ。悔し涙か、悲し涙か、怒り涙か・・・蔵は泥にまみれても、流されずに残っていたことに、「また焼酎が造れる!」と流したは、嬉し涙か。この涙を頼りに、多くの支援が募り、蔵は復旧に向かう。

 

波乱は常にある。でも波乱があるから触れられるものある。そんな安易に軽々しく語っちゃだめかもしれないが、良太氏が、過酷と分かっていながら、母の後を継いだのはなぜか。武者返しに込められたひとつひとつの重さを味わせて下さい!

 

Let’s テイスティング〜

 

香りから・・・爽やかな立ち上がり、ふっくらの蒸された米の香りを主軸に、白味噌のような濃厚さも感じさせる。が、くるみのような丸く香ばしいナッツ香?ボリューム感を思わせるも、なんだか上品で、シャープな印象さえあるから不思議だ。

 

口に含むと・・・マッチョ!ボディービル的な筋肉質ある太い味わい。さすが常圧蒸留ひとすじ蔵のパワー。でも、中盤から驚くほどに上品な様を魅せる。香りと同じく、やはりボリューム感あるも上品。これって、ふとぶとしくも鍛え抜かれた肉体美!三島由紀夫の世界観か?鍛え抜かれた男の裸体、限りなくエロスな終盤に立つ。待てよ!武者返しって?あの曲線美、麗し武者返しの美しさって?石垣という堅牢な力強さと共存する美にある。これって、鍛え抜かれた肉体と重なるのでは?アフターには掛けて、またハッとした。くるものを拒み跳ね返す武者返し、同じく、掴んだ飲み手を、ぱっと跳ね返すキレがある。見上げるは壮健な天守閣。原料のお米は高級米ヒノヒカリ、蒸留した焼酎は3年近く熟成するという粋。そう簡単に飲み手を飽きさせないパワーがある。

 

まとめると、熊本城を守り抜いた武者返し。同じく寿福酒造場を守り抜く武者返し、通ずる強さと美しさがある。この焼酎・・・男の肉体に興味がある人に・・・飲んで欲しい!(いや 誰でも 飲めます!)

 

赤坂おでんあさりさん!この度は本当にありがとう御座います。素敵な思いですね!「マッチョに対する密かなる下心」というのが謎ですが、まぁ、これはネタとして、本当にこの蔵の焼酎が好きなんでしょう!焼酎は造り手の魂ですからね、つまり好きな焼酎を醸すその人も好きになる。だからマッチョが好きってことでしょう。はい。寿福酒造場さん、良太さん、もう本当に大変だっと思います。でもかけれる言葉もないですが、ネットでね、復興の様子拝見させて頂きました。素敵な笑顔で立ちむかその様、勇気頂きました。ZONOもコロナの影響で苦戦してますが、良太さんなんかの苦労と比べると、甘えたこと言ってられない。頑張りますので、良太さん、これからも美味しい焼酎を作って下さい!そして伊勢御本店さん、さっそく声を掛けて頂き感謝です。こうね、焼酎を通して、人と人がつながっていく。もう、焼酎が酒という次元を越えてます!素晴らしいですね!この動画を通して、また視聴者様とも繋がってゆく、いやいや、本当にすごいなと思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

スペースマジック株式会社
代表取締役(兼 とりぞの店主)
奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に87席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!が、2018年7月、全権を委ねた店長に裏切られ閉店、12月には火災事故にて本館も失う・・・2019年、全てを喪失したZONOは、起死回生に向けて立ち上がる!そして今・・・『焼酎ユーチューバーZONO』として前代未聞な挑戦が始まる!

 

 

飲食店経営革命

〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

 

 




Top