WEB予約 youtubeチャンネル
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

(金) 満席率20%

2020.09.04


「ユーチューバー店主のZONOです!満席率20%でも涙が出るくらいに嬉しい!このコロナ渦、87席は非常に過酷ですが、全力に励めばきっと誰かが振り向いてくれるとポリシーに貫き通し・・・その想いが届いた20%なんです!さぁ、萌え燃えよう!どーん」

 

《本日の動画》

 

店主が、この男の正体を、烏天狗と思ってしまっても仕方なかった。男は常に周りを気にしている。周囲に誰もいないことが分かると、男はまた小さな声で話し始めた。

 

「生身迦樓羅王尊像を知っているかね?」

 

「えっ?もう一度いいですか?」

 

「しょうじんかるらおうそんぞう」

 

「はい・・・なんですか?」

 

男が言うには、烏天狗のミイラとして知られる展示物らしい。が、このミイラのとんでもない事実が明らかになったという。コンピューター断層撮影(CT)で、2羽の鳥の骨や粘土で作った造作物と判明したのだ。烏天狗は実在するのかどうかという論が、これにて一気に崩れてしまったと男は説明した。

 

「君はどう思うのかね?」

 

男は気色悪いエクボを作り、店主を上目に見つめている。店主は首元からお尻の割れ目に掛けて、ひんやりとした感触を感じた。男は飲んでいる焼酎のボトルを撫でた。このお店では、注文された焼酎を、お客様の客席で注ぎ、一時の間、客席にボトルを置いておくシステムになっている。酒をラベルで感じて楽しんでほしいという、店主のお酒に対する強い思いの現れだ。だが、それが悲劇を呼んだ。この男は、席に置かれたボトルに刻まれた「烏天狗」に、執拗なほど食いついてしまったのだ。男の話は終わらない。

 

「もし、俺が烏天狗だと言ったら信じるか?いや、馬鹿なやつだと思っているかもしれない。でも、こんな風に烏天狗は至る所にいる。君自身が烏天狗で、俺が騙されている可能性だってある。烏天狗について調べれば調べるほど、謎は深まるが、結局は人間であるという説が有力だ。神に評価された人間が、天狗のステータスを授かるんだ。むろん、人間だった時の記憶はあやふや、生まれ変わりとして天狗となる。そして、この人間界で身を隠し生活しているんだ。」

 

「烏天狗の目的はなんですか?」

 

こらえきれなくなり店主は質問した。

 

「己の追求だ!」

 

男はボトルを手に取り、刻まれた烏天狗を、店主の目に押し付け続ける。

 

「天狗道!堕落した者が落ちるという魔界。神からの評価だけでなく、とある仏教では、ひたすら知識だけを求めて、精神的な修行を一切行わない者をそこに落とす。君・・・そんなに焼酎のことばかり学んでると、天狗道に行く羽目になる。」

 

店主がその場を去ろうとすると、男は店主に一杯進める。これにて店主は、男の側にいるべき理由が、また与えられた。

 

烏天狗はソーダ割がおすすめだ。男の言う追求、まさにその通りなのかもしれない。この焼酎は、正式名称「烏天狗しゅわしゅわ36度」と言い、焼酎ソーダ割りを追求した焼酎である。ソーダ割、いわんまでもソーダ!そう、ソーダの泡、炭酸の強さがポイントとなる。なので、この焼酎はアルコール度数36度。これにて、ソーダの比率を高め、強い炭酸を楽しむことができる。また、芋の甘さが前面に活きたい焼酎こそ、ソーダ割りに向くということで、原料のお芋は糖度の高い安納芋を使用。はたまた、焼酎ソーダ割、つまりハイボールならば、ウィスキーの樽香も欠かせないということで、オーク樽で熟成された焼酎となっている。もうもうソーダ割、焼酎ハイボールに申し分ない仕上がりなのだ。

 

男は杯を掲げ、乾杯の音頭を取る。

 

「烏天狗に敬意を示して・・・」

 

ソーダの泡に伴って、芳醇な樽の熟成香に包まれたマイルドな芋の甘みが立ち上がる。ウィスキーハイボールような印象を与えるも、確かに安納芋、南国果実のようなとろける膨らむ香りがある。口に含むと・・・烏天狗は翼を広げたか、しっかりと幅をきかせて、口中で味わいが広がる、そしてはばたく、見事な上昇!烏天狗らしからぬ知性を見せて、引き締まる品もあるから尚、ハマる。ソーダの比率高くとも、しっかり濃ゆい味わい。そして、効きすぎるソーダが尚よし!拘り追求したからこその偉業である。

 

すると店主が突然、グラスをテーブルにおき、慌てて何かを拾った。男は、なんだとばかりに店主を見るが、特に気にせず、酒を楽しんでいる。店主は裏手に向かい、己の脇元からひらりと落ちた羽を、ポケットに押し込み、額の汗を拭った。

 

 

 

 

 

スペースマジック株式会社
代表取締役(兼 とりぞの店主)
奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に87席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!が、2018年7月、全権を委ねた店長に裏切られ閉店、12月には火災事故にて本館も失う・・・2019年、全てを喪失したZONOは、起死回生に向けて立ち上がる!そして今・・・『焼酎ユーチューバーZONO』として前代未聞な挑戦が始まる!

 

 

飲食店経営革命

〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

 

 




Top