WEB予約 youtubeチャンネル
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

想いで日は昇る

2020.07.27


ロックグラスに注いでみた。すぐさま口に含む・・・思わず涙が頬を滴るかのよう。なんて優しいんだ。心はズタズタだった。このコロナ禍、どうしようもないプレッシャーと向きっている。弱音なんか吐かない。誰も同じなんだから!でも、抱え込めば抱え込むほどに、己は強がり、弱さを見せない。ただ、この酒はその全てを見透かしていた。口中いっぱいに広がる、この円やかな甘み。「泣くならなけばいい!」と言わんばかりに、口中から体いっぱいに染み渡る。なぜなんだ。

 

この優しさの訳。木曹仕込みの賜物らしい。通常はステンレスタンクか甕壺で焼酎の醪は仕込まれるが、この焼酎に限っては、木曹(木桶)で醪をじっくり発酵させ仕込まれると聞く。木にはどんな力があるのか?木は、熱伝導率が鉄の300分の1と非常に小さい。これにて優れた断熱性・保温性を持っている。 このため、温度変化にストレスを受けやすい醪が、木のぬくもりに包まれることで、 終始一貫して穏やかに発酵し、その結果、角のない柔なかで丸みのある焼酎に仕上がる。はて?化学的ことはよく分からんが、木造の家が落ち着く。同じこと?いや違う!バシッ

 

にしもて、癒しだけじゃない気もする。力強く何かが心に訴えてくる。優しいんだけど、そこには想いがある。これも木曹仕込みだけの結果なのだろうか。それは・・・木のせいか、気のせいか?!いや、これは造り手の想いだ!この焼酎のコンセプトは、「蔵人たちの情熱と明るい未来を表現した芋焼酎」だ。「日本初のの木曹仕込み」とのこと、そこに秘めたチャレンジ精神には、日本一を目指す、蔵人の強い想いがしっかり味わいに染み込んでいた。日を昇らせようと。

 

「日はまた昇る」いつの時代も試練があった。安定なんてことはない。常に、上がったり下がったり、輪廻転生。常に時代は繰り返す。そう!日はまた昇るのだ。今は、一時沈んでいるだけ。1日の終わりに焼酎を飲む。なんと幸せなことか。こっくりこっくり。これは癒されたというより、焼酎に酔っただけかもしれなが、明日も頑張ろうと、床に就く。想いで日は昇るのだ!どーん

 

 

 

酒名:日は昇る

蔵元:祁答院蒸溜所@鹿児島県薩摩川内市

芋:黄金千貫

麹:米麹(黒)

蒸留;常圧蒸留

特徴:手造り麹に、日本初の木曹仕込み

 

 

 

 

 

それでは、皆様の愛のご来店、心よりお待ちしております♪

 

 

 

 

 

スペースマジック株式会社
代表取締役(兼 とりぞの店主)
奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に81席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!が、2018年7月、全権を委ねた店長に裏切られ閉店、12月には火災事故にて本館も失う・・・2019年、全てを喪失したZONOは、起死回生に向けて立ち上がる!そして今・・・『焼酎ユーチューバーZONO』として前代未聞な挑戦が始まる!

 

 

飲食店経営革命

〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Top