WEB予約 お客様の声
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

全力で生きる!

2019.02.16


「この度の“火災事故”というピンチをチャンスと捉えるべく・・・とりぞのリニューアル新改装計画!ZONOは負けません!」どーん

 

 

死回生ブログ!

昨年の火災事故では、大変ご迷惑をお掛けしました。そして、ご報告が遅くなってしまいました。「ようやく改装リニューアルオープン(2019年3月5日)の目処が立ちました。」因みに、今回の改装リニューアルは店舗空間というハードの部分だけじゃ御座いません。ZONOは週5で、都内の飲食店で修行しています。「とりぞの」に居たなら見えなかった世界を日々体感しているんです。「ZONOのハート」というソフト面も大幅にリニューアルされますので、その辺りもご期待下さい!

 

 

 

 

 

はい、六本木でオススメの鳥料理屋と言えば…

 

 

こと、オーナーのZONOです♪

 

 

 

 

 

重い話をします。

考える時間が多すぎる。アルバイト修行に出てるとはいえ、それでも時間は余る。とりぞのが無いってZONOにとって致命的である。と。今、深夜3時。アルバイト修行が終わり、とりぞのに戻り、ブログを綴っている。何を綴ろうか、正に今考えていることを綴ろう。重い話になるかもしれない。それを承知でこの先を読んでほしい。

 

 

いつか死ぬよね?

「死」だ。ふと一人になった時、どうしても考えてしまう。「いつか死ぬんだ」と。鬱じゃない。ZONOは元気。これっていつものこと。ふと考え込んでしまう。「僕らっていつか死ぬんだよね」と。すると、ものすごい怖くなる。と同時に脱力する。だとすれば「適当でいいんじゃない?」と。どうもがこうが、結局死ぬんだから。いつか死ぬよね?

 

 

だから目一杯生きたい!

思考の転換が必要。脱力しちゃう気も分かるけど、やっぱ、どうせ死ぬからこそ目一杯生きてみたいと!それに対して、「その意味は?」と問われれば、ZONOはこう答える。「生きるべくして今いるんだから!」と。魚は必死に海を泳ぐ。蟻は必死に餌を運ぶ。渡り鳥は毎年渡ってくる。カンガルーの赤ちゃんは親の袋によじ登る。それと同じこと。光栄にも、人として生まれた。地球上に存在する全ての生物の中で、一番脳が発達した生物として生まれた。だから、人として、目一杯生きるべきだ。蟻が蟻として必死に餌を運ぶように。

 

 

新生とりぞので・・・

この想い、「新生とりぞの」にぶつけます!目一杯生きるために、死に向けて、ただ目一杯生きるために、「新生とりぞの」で爆発する。そんな気概。ZONOはZONOとして、ZONOとして居るからこそ、思った通りに生き抜けばいいじゃないかと。「どうせ死ぬんだから」と自暴自棄にならず、他の生物と同じように、全力で生き抜く、それだけだ。

 

 

続く・・・

 

 

 

 

 

復活の際、皆様の愛のご来店!心よりお待ちしております♪

 

 

 

 

 

スペースマジック株式会社
代表取締役(一生現場主義)
奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に81席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!が、2018年7月、全権を委ねた店長に裏切られ閉店、12月には火災事故にて本館も失う・・・2019年、全てを喪失したZONOは、起死回生に向けて立ち上がる!

 

 

 

 

 

P.S.「やらずに後悔するより、やって後悔したい!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲食店経営革命

〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Top