WEB予約 お客様の声
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

今週から作り込み!

2019.02.04


「この度の“火災事故”というピンチをチャンスと捉えるべく・・・とりぞのリニューアル新改装計画!ZONOは負けません!」どーん

 

 

死回生ブログ!

昨年の火災事故では、大変ご迷惑をお掛けしました。そして、ご報告が遅くなってしまいました。「ようやく改装リニューアルオープン(2019年3月5日)の目処が立ちました。」因みに、今回の改装リニューアルは店舗空間というハードの部分だけじゃ御座いません。ZONOは週5で、都内の飲食店で修行しています。「とりぞの」に居たなら見えなかった世界を日々体感しているんです。「ZONOのハート」というソフト面も大幅にリニューアルされますので、その辺りもご期待下さい!

 

 

 

 

 

はい、六本木でオススメの鳥料理屋と言えば…

 

 

こと、オーナーのZONOです♪

 

 

 

 

 


 

 

 

解体完了!

いやぁ〜スッキリしました。先週いっぱいで解体作業が完成しました。今の「とりぞの」凄いですよ!綺麗さっぱりのスケルトン状態です。何も無くて物凄く殺風景!にしても、解体は興奮します。というか、焦ります。だって、もぬけの殻状態です。3月5日が新改装リニューアルオープンですからね、果たして間に合うのか?!間に合わすしかないですけど・・・

 

 

 

今週から作り込み!

設計士さんと最後の打ち合わせをしました。中央に構える祭櫓の最終チェックです。床もなくなりましたからね、床の素材も決めました。店内すっからかん、後はもう作るのみです。今からの一部始終は全て目に留めておくべきです。如何にお店が完成するのか、その工程を見届けることができます。要予約にて、現場見学は随時受け付けております(笑)。

 

 

 

ダクト工事!

なんと言ってもの見モノはダクト工事です。お客様にとっては、もちろん内観工事、「祭櫓」なんですけど、経営側に回るとダクト工事が肝心です。というのも、費用の大半がダクトに掛かります。それに、火災事故を起こしましたからね、念には念の完璧なダクトを設置します。開業希望者は、ダクト工事に関してはZONOに聞いて下さい!今回、起きていることの全てを赤裸々に語らせて頂きます。

 

 

 

3度目の興奮!

人生3度目の、オーナーとして携わる飲食店工事です。着実に経験値を積んで来てますが、まだまだ知らないことばかりです。というか、今回は規模がデカ過ぎて未だ未知数、学びだらけです。職人じゃないので、見届けるしか出来ませんが、単に見届けるだけだと時間の無駄なので、逐一突っ込んで、知識を深める所存です。3度目は、単なる興奮で終わらせたくないんです!

 

 

 

随時見学受付中〜

どうせなら誰かの力になりたいと、見学者を受け付けることにしました。ものは試しで発信してみると・・・数人ですが挙手、内一人は開業後にスタッフとして力を貸してくれることになりました。何たる機会も無駄にしないZONOなのでした。いや、これはWINWINの試みです。決して「手伝え!」と強要しませんので、見学者随時受付中です!どーん

 

続く・・・

 

 

 

 

 

復活の際、皆様の愛のご来店!心よりお待ちしております♪

P.S.〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

 

 

 

 

 

スペースマジック株式会社
代表取締役(一生現場主義)
奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に81席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!が、2018年7月、全権を委ねた店長に裏切られ閉店、12月には火災事故にて本館も失う・・・2019年、全てを喪失したZONOは、起死回生に向けて立ち上がる!

 

 

 

 

 

P.S.「やらずに後悔するより、やって後悔したい!」

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Top