炎上鳥菜 ZONOチャンネル
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

鹿児島(31日)

2015.01.01


あけましておめでとうございます!!

 

今年も宜しくお願いします!!

 
 
 

それでは、お決まりの…

 
 

六本木で九州鳥料理と言えば…

 
 

「九州鳥酒とりぞの」

 
 

こと、店主のZONOです!!

 

(※ 気になるZONOのプロフィールはこちら…

 
 
 

とりぞのは12/28〜1/4まで年末年始のお休みを頂いております!

 
 

と、いうことでZONOは九州に乗り込んだのです。休んでる訳にはいかぬ!!九州を巡る旅♪いよいよ蔵元直撃です!!

 

霧島町蒸留所
20141231-191030.jpg

 

来ました!念願の「明るい農村」の焼酎蔵です。とりぞのでも大半のラインナップを揃えてるZONOも大好きな蔵元になります。

 

20141231-191314.jpg

 

それでは蔵見学の始まり始まり〜

 
 

まずは、黄金千貫を蒸すところから始まります。

 

芋蒸場
20141231-191531.jpg

 

扉を開けば激しく芋の香りが漂ってきます。ここに住みたいと思うのは僕だけでしょうか…笑

 

20150101-172702.jpg

 
 

麹造りに入ります。ちょっと分かりづらいですが、下記画像、奥が三角棚です。ここで米麹が仕込まれます。

 

三角棚
20150101-173008.jpg

 

麹が仕上がれば、一次もろみを造るべく、甕に麹と酵母と水が投入されます。

 

20150101-173501.jpg

 

甕はこんな風に地中に埋められて、気温の変化に左右されないようになってます。画像の中央の人の右側に甕が埋まってます。

 

20150101-173655.jpg

 

一次もろみが完成したら、次は二次もろみとなります。上記画像の左側のタンクで、一次もろみに焼酎の原料(芋焼酎なら芋)が加わりもろみとなります。

 

後は蒸すだけ!!これも分かりにくいですが、手前の機械が蒸留機です。

 

20150101-174108.jpg

 

後は蒸留された液体をタンクで熟成します。こんなに大きなタンクです。

 

20150101-174256.jpg

 

最終的に半年程度熟成されたものを、加水し瓶詰めし出荷しますが、ここは蔵ですので、贅沢に出来たてのお酒を頂きます!!

 

20150101-174503.jpg

 

 

 

後は記憶なし!!

 

それでは、年明け、蔵巡りでメロメロな店主自らご挨拶がお約束のとりぞのにてお待ちしております★

 
 

店主 奥園侑亮

 

九州鳥酒とりぞの
東京都港区六本木7丁目18-6
03–6804–3602
http://torizono.com/
★全65席(半個室・座敷・カウンター・テーブル)
★ミッドタウン・六本木ヒルズ共に徒歩圏内
★日比谷線2番出口徒歩2分、大江戸線4番出口徒歩3分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top