炎上鳥菜 ZONOチャンネル
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

シェイク シャック 六本木店

2017.11.11


新たな企画が始まった!その名も「ZONOが行く飲食店調査」だ!

 

 

 

 

 

はい、六本木一押しのお店と言えば…

 

 

 

 

こと、脱サラ開業を果たしたオーナーのZONOです♪

 

 

 

 

 

新たな企画が始まりました。その名も…「ZONOが行く飲食店調査」です。とりぞのオーナーのZONOがライバルを視察すべく動き出しました。もちろん、お客様にはお店の情報取集としてこの場をご利用頂ければと思います!

 

 

シェイク シャック 六本木店

 

 

ミーハーなZONOで御座います。ニューヨーク発のハンバーガーレストラン「シェイク シャック(Shake Shack)」が六本木にやって来ました。もう・・・すぐさま駆けつける ZONOです。有楽町店は長蛇の列でしたが、六本木はまだ認知されていないのか、立地的な問題か、ほぼ待たずに入店&着席できました。

 

 

フードメニュー

 

 

1000円程度の単価のハンバーガーと、500円程度のポテトフライ、500円程度のホットドッグのメニュー構成です。続いてドリンクは・・・

 

 

ドリンクメニュー

 

 

ドーンとハンバーガの写真が出てますが、こっち側がドリンクメニューです。ドリンクは尚更強気な価格設定。グラスワインが1250円には驚きましたが、ソムリエZONO、そこは注文しました。カリフォルニア・ナパのワイナリー「フロッグス・リープ」の赤か白、品種は謎ですが、赤に関しては濃い果実(黒み系)のある程度ボリュームのあるタイプでした。

 

お店のシステムとしては、いわゆるファーストフード店方式です。まずはカウンターで注文&お会計をし、席を陣取ります。あっ、バイオーダー方式なので、マックのようにカウンターで受け取りません。呼び出し端末を渡され、音がなり次第、店内奥のカウンターに受け取りに行きます。ガラス越しに調理場風景も確認できます。

 

 

 

 

こんな感じです。にしても・・・かなりジャンキー、これこそニューヨークスタイルなのでしょうか?とはいえ、健康志向のようで、「ホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%のパティは、オリジナルの配合で挽きたての牛肉を使用し、ミディアムレアで焼き上げています。」とのことです。ミディアムレアですからね、品質には自信大有りなのでしょう。

 

 

 

 

ただ・・・このチーズ入りバーガーに、このチーズの掛かったポテトはかなり重いです。パティダブルを注文したこともあるでしょうが、胃もたれ要注意です。とはいえ、オフィス街の六本木、特にヒルズの真下ということで、テレビ業界の方がたくさんいらっしゃいます。スタミナ補充目的のランチとしては、非常にウケそうですね。ということで、シェイクシャックでした。

 

 

そんなZONOによるいインスタ映え投稿も要チェック     

 

 

 

 

 

 

それでは、皆様の愛のご来店!心よりお待ちしております♪

P.S.〜店主ZONOのLINEスタンプ絶賛発売中〜

スペースマジック株式会社

代表取締役(一生現場主義)

奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン!「前代未聞の飲食店経営」を切り口に1店舗10看板(『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』『博多物語もつぞの』『球磨物語うまぞの』『薩摩物語しゃぶぞの』『利酒道場ZONO』『九州テーマパークZONO』)という偉業を成す!そして2017年6月には念願の2店舗目『炎上鳥菜とりぞの』を出店!常に全力で更なる高見を目指す!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top