炎上鳥菜 ZONOチャンネル
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

上場物語100〜102話

2017.09.03


目指すは一代で上場、築くは壮大なる飲食テーマパーク創造!

 

世は飲食店飽和時代、平成の経営者たちが熾烈な戦いを繰り広げる中、その台風の目となるはとりぞの一味、ZONO、YUTO、RENAN、SATY、AI、KANAMI、強い絆で結ばれた6人が上場を目指して大海原を突き進む・・・

 

「飲食王に俺はなる!」

 

 

100話 記念すべき100話

 

記念すべき100話を迎えた!上場物語を綴り、100営業日が過ぎたという意味でもある。この100日に何が起きたか?

 

上場物語の1話の時を振り返る。

 

 

まだ『炎上鳥菜とりぞの』は誕生していなかった。RENANという仲間も加わっていなかった。そして・・・ZONO塾も始まっておらず、ZONOはマーケティングの勉強も始めていなかった。

 

日々で見ると小さな変化かもしれないが、100日で見た場合、確実に変化している。この物語は上場するその日まで続く。となれば、上場果たさないまでも、1000話のスペースマジックはどうなっているのだろうか?

 

意識することで人生は大きな変貌を遂げる。意識ツールとして、この物語はZONOの可能性をただただ飛躍させるのであった。

 

 

101話 101匹の奇跡

 

101話ということで、何かを綴ろうかと悩むZONO、いつも通りに上場の勉強をすればいいのだが、何かがそうさせてくれない。101話から他のことを連想してしまったのか・・・

 

ZONOの頭の中を犬が駆け抜ける。決して1匹なんかじゃない、その犬は101匹いるのである。さて、これは何を意味するのか・・・

 

『101匹わんちゃん』

 

というディズニーの作品がある。正直、ZONOはその作品の粗筋は浮かばない。金曜ロードショーで流れていたかな程度の記憶である。ただ、この作品のタイトル、なぜか強力に脳裏に焼きつくのである。

 

これはビジネスにおいて一つのポイントである。やるんじゃなくて、やってやってやりまくるということである。劇中に出てくる犬のダルメシアンは101匹。劇中で描かれた斑点の数でいうと640万個以上らしい。しかも全部の犬で模様が違うという。これでこの作品は内容云々ではなく視聴者に強力な印象を植え込んだのだ。ZONOが101話にこのことを取り上げたように・・・

 

ZONOは1店舗10ブランドを構築して満足したが、この『101匹わんちゃん』から学ぶとすれば101ブランドが必要なのかなと焦る。さすがにそこまではやらないが、ここから競合優位を築けることは、真摯に学ばなければならない。

 

 

102話 RENANの意気込み教室

 

MICKYが去った。というかバックれた。非常に残念だが、これこそが成功を掴むためのスペースマジックの寺小屋制度である。

 

飲食店開業を舐める人が多い。「いつか自分のお店を出したい!」と、軽々しく発言するのである。夢があることは素晴らしい、その夢に対して、ZONOは決して卑下はしない。ただ、その夢を軽々しく発言してはならない。夢に対する決意は如何程なものなのか、スペースマジックの寺小屋制度はその辺りを徹底的に向き合わせる。なので MICKYにしろ、これまでの生徒にしろ、皆3ヶ月経たずで逃げたのである。

 

今、 RENANが寺小屋に臨んでいる。まだ一ヶ月半、どうなるか分からない。ただZONOは可能性を感じる。過酷な修行の最中、常にRENANは楽しそうなのだ。彼の楽しさはRENANが登壇する「意気込み教室」にて感じ取って欲しい!

 

スペースマジックの寺小屋制度の初代卒業生のYUTOは、今新店舗『炎上鳥菜とりぞの』の舵取りに悪戦苦闘中、ただYUTOは必ず成し遂げる。寺小屋制度の全てを背負って、スペースマジック上場へ向けた重要な一歩を進む。

 

 

《上場物語バックナンバー》

1〜 2 話:始まる・・・

3〜 5 話:上場とは

6〜 11話:そこに山があるから

12〜17話:一通のメール

18〜23話:確実に動き出す

24〜26話:屈辱から

27〜29話:炎上鳥菜とりぞの

30〜32話:グランドオープン

33〜35話:敬意あるコメント

36〜38話:また机上につく

39〜41話:どえむZONO

42〜44話:株価とは

45〜47話:未上場会社の株価

48〜50話:DCF法

51〜53話:CAPM理論

54〜56話:類似会社から見る株価

57〜59話:公認会計士と安定株主

60〜62話:上場ZONO麺

63〜65話:ゲーム理論

66〜67話:未来横断幕

68〜70話:物語の可能性

71〜73話:資本政策に入る

74〜76話:一枚の奇跡

77〜79話:資本政策の悩み

80〜82話:社長業

83〜85話:上場数値基準

86話:本を出版する!

87話:100%ルール

88〜90話:俺を上場企業の社長にしてくれ!

91〜93話:マザーズ上場基準

94〜96話:AIBOの教え

87〜99話:ジャスダック上場基準

100〜102話:RENANの意気込み教室

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top