炎上鳥菜 ZONOチャンネル
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

上場物語94〜96話

2017.08.27


目指すは一代で上場、築くは壮大なる飲食テーマパーク創造!

 

世は飲食店飽和時代、平成の経営者たちが熾烈な戦いを繰り広げる中、その台風の目となるはとりぞの一味、ZONO、YUTO、RENAN、MICKY、SATY、AI、KANAMI、強い絆で結ばれた7人が上場を目指して大海原を突き進む・・・

 

「飲食王に俺はなる!」

 

 

94話 完璧になる前に・・・

 

面白く興味的な話にZONOはのめり込む。

 

今をときめく人工知能やロボット工学がまだ完成していなかった時代。とはいえ、裏では膨大な研究費がつぎ込まれ、ゆくゆく来る新時代に向け、水面下で人工知能やロボット工学技術が身を潜めていた。

 

今でさえ「ペッパー君」が当たり前になったが、当時はそこに到達する技術はなかった。誰もが完成を待つ。ロボット技術の到達を祈った。

 

しかし、とある会社は違った。ロボットが完成する前に、商品化を試みたのだ。不確かな技術、これにてどう勝負したのか?

 

ヒントはペットにあった。ペットへの愛嬌は不完全性によって生まれる。犬ちゃんや猫ちゃんが知的だったらどうだろうか?馬鹿げた仕草が可愛いのだ。飼い主は優位性にて母性本能が擽られる。

 

不完全な人工知能やロボット工学にて完成した商品こそ、ソニーが手掛けた・・・

 

 

95話 AIBO

 

第94話で綴られた「AIBO」の画期的な話にZONOはただ衝撃を受ける。成功するとはそういうことなのだろう。一般人ならば誰もが、完成して商品化を試みる。しかし、ソニーは未完成品の弱点を見事に強みとし、傑作品を創り上げた。

 

2017年までに本を出版すると宣言したZONOの想いの裏には、AIBOのエピソードが実は関係していた。大物になって本を出すんじゃない。小物だからこそ、小物である強みを利用して本を書き上げてみせるのだ!!

 

本の内容はここでは明かせないが、AIBOのような成功をZONOは企んでいる。

 

視点やお客さんが変われば、デメリットもメリットになることがある。何かデメリットにぶつかれば、ターゲットを視点やお客さん変えることにより強みに展開できないか。ZONOは今のあるがままの姿で勝負することが、逆に楽しくなってきた。

 

 

96 付加価値の脅威

 

2話続けてAIBOの話を取り上げた。ここにはかなり重要なポイントがあるので、もう一度力説する!

 

「デメリットは視点や顧客を変えることでメリットになり得るのだ」どーん

 

これは店内を見渡しても起きている。たとえば、とりぞのの一枚板テーブルはクソ高い。居抜き物件だったので、ZONOが直接仕入れた訳じゃないが、もし買うとなれば何十万もする。対して、加工テーブルは安い。一見、加工テーブルの方が労力が掛かる分高そうで、ガタガタの非対称の一枚板のテーブルは安そうな気がしないでもない。

 

ここでポイントになるのが、「味」である。一枚板のテーブルは非対称でガタガタだからこそ「味」が生まれ高いのである。これは見事にデメリットをメリットに転換した結果。デメリットを世界で一つしかないテーブルという「味」にて高価な商品へと仕立てあげたのである。

 

ZONOは自分のデメリットを頭に浮かべる。キラリと何かが閃いた。

 

 

《上場物語バックナンバー》

1〜 2 話:始まる・・・

3〜 5 話:上場とは

6〜 11話:そこに山があるから

12〜17話:一通のメール

18〜23話:確実に動き出す

24〜26話:屈辱から

27〜29話:炎上鳥菜とりぞの

30〜32話:グランドオープン

33〜35話:敬意あるコメント

36〜38話:また机上につく

39〜41話:どえむZONO

42〜44話:株価とは

45〜47話:未上場会社の株価

48〜50話:DCF法

51〜53話:CAPM理論

54〜56話:類似会社から見る株価

57〜59話:公認会計士と安定株主

60〜62話:上場ZONO麺

63〜65話:ゲーム理論

66〜67話:未来横断幕

68〜70話:物語の可能性

71〜73話:資本政策に入る

74〜76話:一枚の奇跡

77〜79話:資本政策の悩み

80〜82話:社長業

83〜85話:上場数値基準

86話:本を出版する!

87話:100%ルール

88〜90話:俺を上場企業の社長にしてくれ!

91〜93話:マザーズ上場基準

94〜96話:AIBOの教え



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top