炎上鳥菜 ZONOチャンネル
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

上場物語83〜85話

2017.08.12


83話 売上高の上場可能性

 

上場するには大体いくらの売上が必要なのだろうか・・・

 

最近の上場事例における各市場別の財務指標を確認した。平成24年度株式上場事例における各市場別の売上高の規模別状況は以下の通りであった。ZONOが目指す、上場可能性のある新興市場を見る。

 

売上高(億円) JASDAQ JASDAQ その他新興市場
会社数 比率 会社数 比率 会社数 比率
1〜10

3

13%

2

100%

10〜50

6

42.8%

15

65%

50〜100

4

28.6%

2

8.7%

100〜200

3

17.9%

3

13%

200億円以上

1

7.1%

合計

14

100%

23

100%

100%

平均 14,924 百万円 3,805百万円 697百万円

 

なんと!!10億円以上の売上高でも株式上場できることが分かった。年商1億の店舗ならば10店舗でもいける?もちろん、利益率的に難しいのだろうが・・・

 

 

84話 経常利益の上場可能性

 

前回、上場するには大体いくらの売上が必要なのかということで資料を探った。すると10億以内の売上でも上場できることが分かった。もちろん、飲食店は薄利なビジネスなので、今回は経常利益にて上場可能性を探る。

平成24年度株式上場事例における各市場別の経常利益の規模別状況は以下の通りであった。

 

経常利益(億円) JASDAQ JASDAQ その他新興市場
会社数 比率 会社数 比率 会社数 比率
経常損失

3

0〜1

2

100%

1〜5

9

64.2%

15

65%

5〜10

3

21.4%

5

21.7%

10〜

2

14.3%

合計

14

100%

23

100%

100%

平均

695 百万円

208百万円

74百万円

 

経常損失にも関わらず上場している場合もある。どうやら将来の成長性を評価された場合であれば経常損失で株式公開できるようだ。もちろん、それらはバイオ産業系なので、飲食は難しいだろう。ただ、経常利益が1億でも上場できるとなれば夢のある話である。

 

 

85話 当期純利益の上場可能性

経常利益は最終的な利益結果ではない。今回は当期純利益を元に上場可能性を探る。平成24年度株式上場事例における各市場別の当期純利益の規模別状況は以下の通りであった。

 

経常利益(億円) JASDAQ JASDAQ その他新興市場
会社数 比率 会社数 比率 会社数 比率
当期純損失

3

13%

0〜1

2

14.3%

4

17.4%

2

100%

1〜5

9

64.2%

16

69.6%

5〜10

2

14.3%

10〜

1

7.1%

合計

14

100%

23

100%

2

100%

平均

350百万円

109百万円

50百万円

 

事例から読み取れることとしては、1億円程度の当期純利益を確保することで上場できる場合があるということだ。 ZONOは今回の3話を振り返り、強く拳を握り締める。やれるかもしれない!!どーん

 

 

《上場物語バックナンバー》

1〜 2 話:始まる・・・

3〜 5 話:上場とは

6〜 11話:そこに山があるから

12〜17話:一通のメール

18〜23話:確実に動き出す

24〜26話:屈辱から

27〜29話:炎上鳥菜とりぞの

30〜32話:グランドオープン

33〜35話:敬意あるコメント

36〜38話:また机上につく

39〜41話:どえむZONO

42〜44話:株価とは

45〜47話:未上場会社の株価

48〜50話:DCF法

51〜53話:C APM理論

54〜56話:類似会社から見る株価

57〜59話:公認会計士と安定株主

60〜62話:上場ZONO麺

63〜65話:ゲーム理論

66〜67話:未来横断幕

68〜70話:物語の可能性

71〜73話:資本政策に入る

74〜76話:一枚の奇跡

77〜79話:資本政策の悩み

80〜82話:社長業

83〜85話:上場数値基準



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top