ZONOチャンネル とりぞの新聞
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

ソーヴィニヨン・ブランについて考える

2017.03.22


こんにちは、唎酒師・焼酎唎酒師・ソムリエのZONOです!

 

今回もぶどう品種について綴ります。白ワインといえばシャルドネということで綴りましたが、実際は分かれると思います。そうですね、ソーヴィニヨン・ブランの存在を忘れちゃいけませんね。

 

 

はい、六本木でオススメの九州鳥料理屋と言えば…

 

 

「九州鳥酒とりぞの」

 



こと、店主のZONOです♪

 

 

 

ソーヴィニヨン・ブランの特徴ってご存知ですか?緑を主体に香りや味わいが展開する、ZONOはそんなイメージを持っています。テーブルワインだとこの緑っぽさが前面に出て、苦手な品種でもありますが、ビンテージものになると、この緑がエレガントに精錬されます。

 

 

ソーヴィニヨン・ブランについて考える

 

 

当店では、ソーヴィニヨン・ブランとして大分の安心院葡萄酒房より一本常備しております。このワインを綴った記事がこちら。ハーブ香を綴っていますが、これが上記で綴った緑っぽさでもあります。トリピカルな熟した感じが、緑っぽさを心地よいものへと変えています。

 

では、一般論としてソーヴィニヨン・ブランの特徴を列挙します。

 

【外見】

やはり、緑のニュアンスを感じます。色調は濃いのですが、粘土は低いですね。

 

【香り】

緑の香り、フレッシュなハーブ香につきます。そこからレモンや酸っぱめの柑橘系の香りが追いかけます。

 

【味わい】

すっきりと爽やかなイメージ、心地よい酸味が特徴的です(トロピカル果汁のような甘い場合もあるので一概には難しい・・・)。

 

 

と、ソーヴィニヨン・ブランの平均的なテイスティングコメントでした。もちろん、変化球もありますので、あくまで参考程度にお願いします。この平均的な味わいを土台に、栽培地域の個性、生産者の個性が上乗せされるのです。

 

 

ソーヴィニヨン・ブランについて考える

 

 

 

それでは、『九州鳥酒とりぞの』『炎上鳥麺ZONO』『博多物語もつぞの』『球磨物語うまぞの』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』そして『ZONOスタンプ@LINE』を宜しくお願いします。

 

 

ナルシスト ZONO

 

店主 奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン★2015年には新ブランド『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』、2016年には『博多物語もつぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』を創出、更には自身のキャラクターZONOをLINE STAMPとして発売開始する。常に全力で更なる高見を目指す!

 

 

九州鳥酒とりぞの

 

東京都港区六本木7丁目18-6
03–6804–3602
営業時間:17:00~24:00 (L.O.23:00)
http://torizono.com/

 

★全70席(半個室・座敷・カウンター・テーブル)
★ミッドタウン・六本木ヒルズ共に徒歩圏内
★日比谷線2番出口徒歩2分、大江戸線4番出口徒歩3分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top