炎上鳥菜 ZONOチャンネル
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

シャルドネについて考える

2017.03.15


こんにちは、唎酒師・焼酎唎酒師・ソムリエのZONOです!

 

九州ワインも限られてきたので、今日はぶどう品種について綴ります。白ワインといえばこの品種ですね。白ワインの王様でもあるシャヴリも「シャルドネ」で仕込まれています。

 

 

はい、六本木でオススメの九州鳥料理屋と言えば…

 

 

「九州鳥酒とりぞの」

 



こと、店主のZONOです♪

 

 

 

シャルドネの特徴ってご存知ですか?特徴がないことが特徴でもあるこの品種、栽培地域の個性、生産者の個性が味に反映され易いと言われております。

 

 

シャルドネについて考える

 

 

当店では、シャルドネとして宮崎の都農ワイナリーより一本常備しております。このワインを綴った記事がこちら。宮崎の南国ムードが脳裏に浮かぶ、完熟した味わいをテイスティングコメントでは綴りました。

 

では、一般論としてシャルドネの特徴を列挙します。

 

【外見】

薄い黄緑色から照り照りの黄金色まで・・・様々な色がありますね。色だけの判別は難しい気がします。ただ、冷涼な地域では濃さは薄く、温暖な地域では濃い、そんな気もします。

 

【香り】

ぶどう由来の香りがしません。様々な要素の香りが複雑に絡み合っている印象です。こちらも冷涼な地域では柑橘系で爽やかなイメージ、温暖な地域では黄色い果実のふくよかなニュアンスを主体に感じ取れます。そしてそして・・・やはりポイントは樽ですかね。樽を感じた場合はシャルドネである確率が高いです。

 

【味わい】

果実味の凝縮感、余韻に独特の苦味を感じます。全体的なバランスの良さを感じます。アロマティック発酵の影響も味わいに大きく関与します。発酵の影響で丸みがあるのです。

 

 

と、シャルドネの平均的なテイスティングコメントでした。もちろん、変化球もありますので、あくまで参考程度にお願いします。この平均的な味わいを土台に、栽培地域の個性、生産者の個性が上乗せされるのです。

 

 

シャルドネについて考える

 

 

 

それでは、『九州鳥酒とりぞの』『炎上鳥麺ZONO』『博多物語もつぞの』『球磨物語うまぞの』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』そして『ZONOスタンプ@LINE』を宜しくお願いします。

 

 

ナルシスト ZONO

 

店主 奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン★2015年には新ブランド『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』、2016年には『博多物語もつぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』を創出、更には自身のキャラクターZONOをLINE STAMPとして発売開始する。常に全力で更なる高見を目指す!

 

 

九州鳥酒とりぞの

 

東京都港区六本木7丁目18-6
03–6804–3602
営業時間:17:00~24:00 (L.O.23:00)
http://torizono.com/

 

★全70席(半個室・座敷・カウンター・テーブル)
★ミッドタウン・六本木ヒルズ共に徒歩圏内
★日比谷線2番出口徒歩2分、大江戸線4番出口徒歩3分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top