ZONOチャンネル とりぞの新聞
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

扉を開ける勇気

2016.11.06


お陰様で大好評のZONOが仕掛けるラーメンブランド「炎上鳥麺ZONO」ですが・・・扉の前まで来て入れずに帰る方が続出しております。扉を開ける勇気を持って下さい!

 

 

 

はい、六本木でオススメの九州鳥料理屋と言えば…

 

 

「九州鳥酒とりぞの」

 



こと、店主のZONOです♪

 

 

 

念願の自前のお店『九州鳥酒とりぞの』がオープンし1年経ったその日、ZONOはラーメンブランドを立ち上げるに至ります。実はZONOとラーメンの切っても切れない関係性・・・詳細はこちら♪

 

 

扉を開ける勇気
%e7%82%8e%e4%b8%8a

 

 

確かにこの店構え・・・扉を開けるのに躊躇してしまいます。実際、店内に居ると、お客様が階段を降りる音が聴こえ、そのまままた上がっていく音がします。残念ながら、これは扉を開ける勇気がなかったのでしょうね。

 

一見、意地悪なZONOのようですが、違うんです!!入りにくいお店ほど、美味しかった時の反動がデカイんです!!例えば、駅前にどーんと構える立ち食い蕎麦屋、ムッチャ入り易いですよね。味もまぁまぁうまい訳です。でも絶対感動しません。入り易いんですから!!

 

人間心理に「特別感」というものがあります。人は誰しも誰かより優位に立ちたいものなんです。誰でも彼でも入れる立ち食い蕎麦屋で優越感に浸れるでしょうか?むちゃくちゃ入りにくいお店であればあるほど優越感に浸れるんです。それで美味しければ言うまでもありません!!

 

 

扉を開ける勇気

 

 

 

それでは、『九州鳥酒とりぞの』『炎上鳥麺ZONO』『博多物語もつぞの』『球磨物語うまぞの』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』そして『ZONOスタンプ@LINE』を宜しくお願いします。

 

 

ナルシスト ZONO

 

店主 奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン★2015年には新ブランド『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』、2016年には『博多物語もつぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』を創出、更には自身のキャラクターZONOをLINE STAMPとして発売開始する。常に全力で更なる高見を目指す!

 

 

九州鳥酒とりぞの

 

東京都港区六本木7丁目18-6
03–6804–3602
営業時間:17:00~24:00 (L.O.23:00)
http://torizono.com/

 

★全70席(半個室・座敷・カウンター・テーブル)
★ミッドタウン・六本木ヒルズ共に徒歩圏内
★日比谷線2番出口徒歩2分、大江戸線4番出口徒歩3分

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top