炎上鳥菜 ZONOチャンネル
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

お客様への愛!!

2016.05.22


「お客様への愛」なくしてお店はあるべからず!「飲」と「食」だけで「飲食店」と名乗れるのか?!そんなに甘くないのです。

 

 

はい、六本木で鳥と共に焼酎を飲みたければ…

 

 

 

「九州鳥酒とりぞの」

 

 



こと、店主のZONOです♪

 

 

 

さて、日々自問自答です。「今日は良くでも明日はどうか?」常に先を考えなければなりません。入れ替わりの激しい飲食業界だけに、10年後も店を維持し続けるにはどうすればいいのか?!常々悩んでいる訳なのです。

 

 

お客様への愛!
ZONO

 

 

飲食店の大前提を忘れてはならないでしょう。「飲」と「食」の「店」だけに、「飲」と「食」は徹底的に極めなければなりません。旨い酒か?旨い料理か?そこを妥協してしまうと、飲食店としての大前提を見失う訳ですので、先はないと思うのです。

 

本題はここから・・・「飲食店」は「飲」「食」を大前提とするビジネスである以上に、「空間ビジネス」であると言うことです。外食に何を求めますか?もちろん、料理かもしれません。しかしこれが手段でしかないことを見落とさないで下さい。実は思った以上に雰囲気を気にしているものなのです。

 

お店の主として多くの幹事様とお話しします。すると驚くことに料理のことはあまり聞かれないものなのです。皆様口を揃えてお店の雰囲気を聞いてきます。ほら?これは飲食店の実情なのです。しかし巷には、料理ばかりに力を入れるお店が溢れてます。もちろん、料理には力を入れないといけないのですが、それは大前提としなければなりません。より力を入れるのは雰囲気作りではないでしょうか?

 

雰囲気とは「内装の造り」に始まり「BGM」や「飾り物」やら・・・様々な要素があります。とはいえ、一番の要は「人」なのです。目や耳では感じ取れない「人」が発するパワーが何よりも店の雰囲気を作り上げるのです。ZONOはその雰囲気作りの源を「ホスピテリティー」だと考えています。ホスピテリティとは何か?!おもてなしの心ですよね。これって難しそうですけど、実は物凄く簡単なことで、つまり・・・お客様への愛、それがおもてなしの心、ホスピタリティーなのです。

 

 

お客様への愛!

 

 

 

それでは、『九州鳥酒とりぞの』『炎上鳥麺ZONO』『博多物語もつぞの』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』そして『ZONOスタンプ@LINE』を宜しくお願いします。

 

 

ナルシスト ZONO

 

店主 奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン★2015年には新ブランド『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』、2016年には『博多物語もつぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』を創出、更には自身のキャラクターZONOをLINE STAMPとして発売開始する。常に全力で更なる高見を目指す!

 

 

九州鳥酒とりぞの

 

東京都港区六本木7丁目18-6
03–6804–3602
営業時間:17:00~24:00 (L.O.23:00)
http://torizono.com/

 

★全70席(半個室・座敷・カウンター・テーブル)
★ミッドタウン・六本木ヒルズ共に徒歩圏内
★日比谷線2番出口徒歩2分、大江戸線4番出口徒歩3分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top