ZONOチャンネル とりぞの新聞
店主ZONOのブログ

とりぞのブログ&情報

店主ZONOによるとりぞのブログ♪
日々更新!お得な情報を要チェック!

村尾

2016.04.18


『村尾』といえば、鹿児島県川内市にある小さな蔵が生む幻の銘酒です。現在は、3代目の村尾寿彦さんが切り盛りしています。根っからの職人で、一人で殆どの工程を熟しており、「焼酎界の天才」との異名を持ちます。全体的な仕込みはもちろんですが、中でも「蒸留」にとことんと拘り、知名度を得た今でも蒸留機を独自でいじっては更なる味の改変に挑戦しているそうです。因みにレギュラー酒にはタイ米麹を使用した『薩摩茶屋』があります。

 

 

村尾
村尾

村尾酒造合資会社 鹿児島県薩摩川内市

芋(黄金千貫)

米麹(黒)

常圧蒸留

25度

 

それでは香りから・・・意外に優しく心地よい芋の香り、多少香ばしくも感じますが、終始穏やかです。口に含むと・・・香りとは打って変わって、どんと力強く芋の甘みがこみ上げます。であって、終盤はキリリと上品にキレます。多少後半に感じるアルコール臭を、お湯割で伸ばせばより楽しめそうです。詰日:2015/6/23)

 

 

以上、『村尾』でした♪

 

※データベース総まとめはこちら・・・

 

 

 

それでは、『九州鳥酒とりぞの』『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』そして『ZONOスタンプ@LINE』を宜しくお願いします。

 

 

ナルシスト ZONO

 

店主 奥園侑亮(ZONO)

 

家を飛び出た19歳夏、身銭が底をつき始まったホームレス生活!その末、新宿西口で屋台を営むに至る。一期一会に杯交わす日々、商売の基礎を学ぶ。後に更生、実家山口県に戻り→自宅浪人→高知大入学→某IT会社入社→サラリーマンとなり東京に舞い戻る。しかし求める世界は違った。2011年、飲食業界へ転移、その一年後、某鳥料理屋の店長に抜擢される!更には焼酎きき酒師の資格を取得『焼酎教室』を設立し200名の生徒を築く!そして…2014年4月起業、スペースマジック株式会社設立、六本木に70席の居酒屋『九州鳥酒とりぞの』をオープン★2015年には新ブランド『炎上鳥麺ZONO』『屋台ぞの』、2016年には『鳥バルZONO』『 ZONO’s COFFEE』を創出、更には自身のキャラクターZONOをLINE STAMPとして発売開始する。常に全力で更なる高見を目指す!

 

 

九州鳥酒とりぞの

 

東京都港区六本木7丁目18-6
03–6804–3602
営業時間:17:00~24:00 (L.O.23:00)
http://torizono.com/

 

★全70席(半個室・座敷・カウンター・テーブル)
★ミッドタウン・六本木ヒルズ共に徒歩圏内
★日比谷線2番出口徒歩2分、大江戸線4番出口徒歩3分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Top